新製品情報

タイトリスト「ボーケイSM8ウェッジ」特徴と特注カスタムウェッジについて紹介

タイトリストSM8特徴まとめ
まさ
まさ
どうもまさです

PGAツアーRSMクラシックの会場でタイトリストの新作ウェッジ「VOKEY(ボーケイ)SM8」が登場しました

今回はSM8の最終バージョンのツアーシーディングが開始されたということで、プロがこぞってテストを行っているようです

まだテスト段階で詳細な情報は出ていないのだけれど、形状などから前作からの変更点などを推測していきたいと思います

※ツアーシーディングとは、プロツアーなどのトーナメントで発売前の製品をテストしてもらって、評価してもらうというもの。タイトリストではこのシーディングを経てから発売するというのが通例となっています

タイトリスト ボーケイSM8の外観からみる特徴

光沢のあるクローム仕上げなど、デザイン的にも今までのボーケイにはなかった見た目に変更されています

複数の画像を確認したところ、ボーケイシリーズならではのソール形状のラインナップの多さは相変わらず用意されている模様

フラットバック形状へ回帰

こちらの画像はヘッドのソールやフェース面とバックフェースのものですが、パッとみてすぐに気づくのが、SM7で採用されていた「プログレッシブCGデザイン」で設けられていた大きなスクープが無いように感じられます

SM7では重心位置を垂直方向へ移動して、重心より下で打つことで発生するギア効果を活かしてスピン量を増大させていました

バックフェースの形的には、ボーケイの伝統的なフラットバック形状に回帰していて見た目的には非常にスッキリしたのが好印象です

またここは現段階では推測の段階ですが、バックフェース全体に厚み?があるように見えます

まさ
まさ
ビジュアル的にはSM7ほど顕著ではないけど、重心の調整はしっかりと施されているでしょう

打感と打音の改善

SM7では、ロフト角の多い番手でバックフェースの上部へ質量を移動させていることから、打点部分がやや薄肉になるという影響があります

そうなってくると、打音は高くなり、振動も大きくなる可能性がありますので、そういった部分が気になるプレーヤーがいたのか知れません

SM8ではフラットなバックフェースに回帰していることから、打感や打音を改善しながら、最適なスピン量を確保するように改良されているのではと考えています

まさ
まさ
とはいってもSM7で打感や打音に関するネガティブな意見はあまり聞かなかったので、それほど大きな影響はなさそう

6種類のグラインドオプションとバウンスオプション

ボーケイSM8グラインドオプション参照元:PGATour.com

現在判明しているグラインドオプション(ソール形状)は6種類で、基本的にはSM7と同様の形状のようです

6つのグラインドオプション(F、S、L、M、K、D)

また仕上げには「ツアークローム」「ノーメッキ」「ジェットブラック」の3種類が確認されています

フェース面にはパラレルミーリングとTX4グルーヴ?

フェース面を拡大してみたところ、SM7で採用されていたロフト角ごとに溝の幅を変えることで最適なスピンを実現するTX4グルーブがSM8にも継続して使われている可能性があります

溝の間に入っているパラレルミーリングがSM8にも施されているように見えます

まさ
まさ
フェース面に関してはそこまで大きな変更点がなさそうな気もする

タイトリストSM8の発売時期

国内での発売日は2020年3月6日ですが、すでに注文も可能になっています

 

特注カスタムのSM8ウェッジも注文可能

ぼくがUSモデルを購入する際に利用している「フェアウェイゴルフさん」にて特注カスタムでSM8ウェッジを作ることも可能です

どういったカスタムかと言うと、シャフトの種類や、ロフト、ライ角はもちろんのこと

バックフェースにオリジナルのスタンプを入れたり、ソケットの種類やシャフトバンド(シャフトに巻いているシールのこと)まで特注することができます

SM8特注シャフトバンドシャフトバンドっていうのはこれ

当然、特注カスタムなので、通常品よりは値段は高くなりますが、プロのようなオリジナルウェッジを作ることができます

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

ノーメッキ版のRAWもあります

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まとめ

タイトリスト ボーケイSM8の紹介でした

現段階では視覚的な部分からの情報しかないのだけれど、ツアープロの反応は良いようですので、今作も非常に期待できるウェッジになりそうです

今後新たな情報を入手次第随時、記事内容を更新していきます

以上、タイトリスト「ボーケイSM8ウェッジ」がツアーシーディング開始|特徴まとめ

関連【2019】おすすめウェッジ人気ランキングTOP10|スピン性能と打ちやすさを重視して厳選紹介

関連記事
PRGR RS-Fプロトタイプ01,03,04(2020) 新製品情報

PRGRの2020年モデル「RS-Fプロトタイプ01,03,04」が適合リストに掲載されているが、機能性を深読みしてみる

2019年12月15日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
小平智プロが2019年の10月頃からテスト使用を開始しているPRGRの2020年モデルになりそうなRS-Fドライバーのプロトタイプドライ …
新製品情報

シーモア『M7 Tour バレルクランクパター』発売|特徴とおすすめ取扱い店を紹介【RSTホーゼル】

2020年4月3日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
どうもまさです ザック・ジョンソンが愛用していることでも有名な赤いドットのスコープが特徴のパター『Seemore(以下シーモア)』から20 …
新製品情報

プロジェクトX LSとIOが発売開始!アスリートゴルファーは要チェックなスチールシャフト

2020年7月17日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
プロジェクトX LSについては「プロジェクトXの新作ロースピンモデル「LS」が発表。ハードヒッターに最適なスチールシャフト」という記事でも紹 …
テーラーメイドTF Protoアイアン 新製品情報

テーラーメイドTF-PROTOアイアンが気になる。クラブ契約フリー選手としては唯一のイニシャル入りアイアン

2020年9月15日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
PGAツアー屈指のショットメーカーとして知られるトミー・フリートウッド ぼくも個人的にかなり好きな選手でもあるのですが、クラブ契約フリーと …