MENU
新製品情報

タイトリストが「T100S」をラインナップに追加することを発表|ストロングロフトのT100アイアン

タイトリストT100Sアイアンが発売決定
まさ
まさ
どうもまさです

2019年夏にタイトリストから発売された人気アイアン「Tシリーズ」

T100、T200、T300と3機種のラインナップとなっているアイアンです

その中でもT100最もヘッドサイズが小さく、打感の良さが際立つモデルですが、そのT100よりもロフト角の立ったモデルである「T100S」と呼ばれるモデルが発売されるという情報が米タイトリストから発表されました

T100の性能に関しては「タイトリスト T100・T200 ・T300アイアン試打評価レビュー|本当に評判通りのアイアンなのかを検証」という記事でも紹介しています

弾道の高さが揃い、飛距離のばらつきが少ないという評価をしたアイアン

シリーズを通して好印象のモデルなので、新作にも大いに期待したいところです

タイトリストT100Sアイアンの見た目や発売に至った経緯

PGAツアーでも最も人気の機種がT100アイアンだそうで、手に取る選手が多い現状となっています

しかし、ストロングロフト設計の波がツアープロの間にも来ていて、それに慣れているプレーヤーが多くいたそう

軟鉄製なので、飛距離を伸ばすにはロフト調整を行えば事足りると考えられますが、そうすることで当然それ以外の部分にも変化が生じます

アイアンというのはロフトを立てると、ヘッドのオフセットが強くなり日本で言う所のグースネックになります

さらにバンス角も小さくなることで、ヘッドの抜けや感触がかなり変わってきます

こうなるとタイトリストTシリーズの抜けの良さや、芝とヘッドが当たる感触を好んでT100を選んだプレーヤーが、実際に臨む性能を発揮できないというもの

T100SはT100の良さを保ちながら飛距離性能を向上

タイトリストT100Sアイアン

ロフトは全体的に2°ほど立てた設計ながら、オフセットを最小限に抑えられていて、ツアープレーヤが好みそうなヘッド形状

ヘッド自体を再設計していということなので、T100アイアンの優れた抜けの良さや、芝に当たる感触を維持しながら飛距離アップを実現したとのことです

内部構造などの構造的には大きな違いはない模様

T100の打感やシェイプが好みだけど、飛距離部分がネックになっていたゴルファーからも支持を集められるのかなと思いますね

スペック(ロフト設定)

 T100ST100
3番19°21°
4番22°24°
5番25°27°
6番28°30°
7番32°34°
8番36°38°
9番40°42°
PW44°46°
W48°50°
まさ
まさ
全番手2°ずつ立てている設計なので、番手間のピッチは計算しやすそう

タイトリストT100Sアイアンの発売日

USモデルは2020年3月27日に発売予定となっています

今現在では国内モデルの発表がないのですが、ストロングロフトアイアンのニーズを考えると発売されると予想できます

 

タイトリストT100Sアイアンのまとめ

T100Sアイアンの紹介でした

Tシリーズ自体がコンボセットを推奨しているのもありますが、T200などのモデルとの組み合わせもより面白くなりそうですね

問題はロフトが立った場合に打ちやすさや弾道にどれぐらい影響がでるのかという部分

今後試打できる機会があればそのあたりを検証していきたいと思います

以上、タイトリストが「T100S」をラインナップに追加することを発表|ストロングロフトのT100アイアン。という話題でした

関連タイトリスト T100・T200 ・T300アイアン試打評価レビュー|本当に評判通りのアイアンなのかを検証

関連【2020】打感の良い(柔らかい)アイアン | おすすめ人気ランキング【厳選】

関連記事