新製品情報

タイトリスト T200アイアンの発売開始|一足速くT200をゲットできるおすすめの取扱店を紹介する

タイトリスト T200アイアン
まさ
まさ
どうもまさです

2019年5月末からツアーシーディングが開始されているタイトリストの新作アイアン(全5種類)ですが、その中から『タイトリスト T200 アイアン』というモデルがありますが、内部構造に関する詳しい情報はまだ出揃っていませんが、早くも取扱いが開始(2019年8月8日より配送)したショップも出てきました

そこでこのページでは

現在わかっている『タイトリスト T200 アイアンの特徴』と、一足速く手に入れたいという方の為に『おすすめの取扱店の情報』をまとめてみましたので、どうぞクラブ選びの参考にしてください

ツアーシーディングとは:世界中のツアープレーヤーにテストを行ってもらって、そのf-ドバックを受けるというもの。タイトリストの製品開発に欠かせないプロセスです

タイトリスト T200アイアンの特徴とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@stayunderparがシェアした投稿

まずタイトリストの新作アイアンからAPシリーズというラインがなくなり、新作モデルはTシリーズへと変更されるようです

その中でもT200は、以前のAPシリーズでいうところのAP3にあたるモデル

マルチマテリアル構造によって慣性モーメントを高め、ミスヒットに強い寛容性に加えて、高い飛距離性能に加えて操作性の良さが特徴的なアイアンです

Mi-Max Impactテクノロジー

AP3の様な中空構造に加えて、新たに搭載されているのが、バックフェースに内蔵されているネジのようなパーツ。これには『Max Impact』という文字が印字されており、位置的にはインパクト時における振動減衰システム及び、ボール初速の向上に寄与しているものではないかと考えられています

また中空構造部分には、ポリマーかエラストマーのようなインサートが内蔵されていることも確認されています

追記:どうやらネジのようなパーツはデザインであり、実際にはヘッド内部にポリマー素材が充填されており、これのおかげで非常に薄いフェースに仕上げることが可能になってようです

まさ
まさ
ヘッド中央のポリマーは振動減衰効果もあり、音や感触を犠牲にすることなくボール初速を向上させれたとの情報です

 

ヒール&トウ側に90gのウェイト

平均で90gもの重量がある高密度タングステンウェイトをミドル・ロングアイアンのトウとヒール側に配置し、低重心化と高慣性モーメント化を実現しています

 

ヘッド形状は相変わらずシャープで構えやすい

適度なオフセットが入っており、シャープでありながら安心感のある形状となっています

その他のTシリーズアイアンとコンボセットにしやすいというのも魅力的

また、コンボセットが米PGAツアーでは人気となっていますが、似たような外観をしていることから、Tシリーズアイアンもその他のモデルとのコンボセットを作成しやすいのも特徴のひとつとなっています

タイトリスト T200アイアンの取扱店情報

ぼくも普段よく利用しているUSモデル専門の直輸入ショップ「フェアウェイゴルフさん」にて取扱いが開始しています

配送は2019年の8月8日からとのこと

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。メーカーから直接仕入れを行っているので安心感が違います

 

まとめ

タイトリスト T200アイアンの紹介でした

早速取扱店も出てきましたが、今後も新たな情報を入手次第随時情報を更新していきます

この記事が役に立ったという方は是非シェアのほうもよろしくお願いいたします

以上、タイトリスト T200アイアンの発売開始|一足速くT200をゲットできるおすすめの取扱店を紹介する。という話題でした

関連【2019】アイアンおすすめランキング|人気モデル22機種の評価&特徴をクラフトマンが徹底解説