MENU
試打&評価

【試打評価】ツアーAD CQ|超気持ちいい走り感を味わえるドロー系シャフト【口コミ・評判】

ツアーAD CQ試打レビュー

おすすめ度

今回の試打評価はグラファイトデザイン ツアーAD CQ

ツアーVRに似たような走り系シャフトで、公式サイトにはムチのようなしなりとインパクトへの加速感を強調したモデルです。

手元剛性を高め、中間部との差をはっきりとつけることで走り感を生み出しているのですが、実際かなり捕まりが良くて走り感も非常に爽快でした

走り系が好きな方や捕まりを良くしたい方にはかなりおすすめできるシャフトです。

ツアーAD CQのデザイン
  • 長所:気持ち良い走り感。捕まりがよくドローが打ちやすい。
  • 短所:典型的な走り系なので合わない人は手元系が好きな人には合わない。
  • 結論:ここ最近では特に走り感の凄いシャフトです。捕まりと初速アップには貢献できるのでドロー系で飛距離アップしたい方に最適。

それでは詳しいデータを見ながらツアーAD CQについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:テーラーメイド ステルス
  • ロフト角:9°
  • シャフト:ツアーAD CQ 6
  • フレックス:S
  • 長さ:45インチ
  • 振動数:274cpm
  • トルク:3.4
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

TourAD CQの試打計測データとレビュー

ツアーAD CQの計測データ

平均データ

ヘッドスピード(m/s)46.6
ボールスピード(m/s)66.4
打ち出し角度(°)15.8
打ち出し方向(°)-1.1
バックスピン(rpm)1981
サイドスピン(rpm)-202(左)
ピーク時の高さ(yd)36.9
降下角度(°)40
センターからのブレ(yd)-16(左)
キャリー(yd)263.9
総距離(yd)282.9
スマッシュファクター1.42

以上が計測データです。現在は下記が当サイトでの評価基準となります。ご了承ください。

  • キャリー250ヤード以下:微妙
  • キャリー250ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー260ヤード以上:かなり飛ぶ

ツアーAD CQを装着した際の平均キャリーは263.9ヤードを超え、ランを含めた総距離が282.9ヤード

キャリー260ヤードは余裕でクリアしており、飛距離性能は期待どおり高いシャフトでした。

 

ツアーAD CQは捕まる

捕まりが非常によくてバックスピン量も平均でも2000回転を下回っています。ロースピンドローで飛距離を稼げるというタイプ。

走り感を強調しているのでスピン量がどれぐらいになるかなと思っていましたが、吹き上がるようなスピン量になることは全くありませんでした。

ちなみに平均スマッシュファクターは1.42とまずまずの数値が出ているのでミート率も悪くありません。

GCクワッドで1.4を超えてくればアマチュアの場合はそこそこ良い数値でして、悪くはありません。ちなみにトラックマンとは計測ポイントが異なるため、GCクワッドのほうがスマッシュは出にくいです。

 

打ち出し角は15.8°。もうちょっと高打ち出しになるかと思いきや意外に普通です。

最高到達点はスピン量の少なさが影響して36.9ヤードでした。

高弾道というよりは中弾道ぐらいで収まるイメージです。

 

ツアーAD CQ弾道イメージ

弾道イメージがこちら。

捕まりは非常に強いです。

今回装着ヘッドはテーラーメイド ステルスを使用していますが、このヘッドは捕まりがそれほど強くないにも関わらず捕まりの良さを実感できました。

右方向へのミスは今回皆無だったので、右からのドローをイメージしていたのにプッシュアウトのミスが出てしまうような方にも最適かなと思います。

 

ツアーAD CQ弾道

それぞれの打球を重ねて見たのがこちら。

走り感の強さがあるので安定性がどうかなと思っていましたが、一貫性のある打球傾向です。

特別高い安定性はありませんが、逆球がでづらいという点がメリットになるため、ツアーAD CQは右方向へのミスだけ警戒すればよくなります。

左にしか行かないというわかりやすさがあるのでマネジメントのしやすいシャフトです。

 

ツアーAD CQの振動数と中間剛性、フィーリングについて

振動数計で手元側の剛性をチェック。また、センターフレックス計で中間部分の剛性を計測してみたので見てもらいましょう。

あくまでも静的な剛性チェックですのでご了承ください。

振動数

ツアーAD CQ 6sの振動数は274cpm

ツアーAD CQ 6Sの振動数は274cpm

公式サイトにも手元剛性を高めていると記載されていましたがその通りで、手元側の剛性はアフターマケットのシャフトの中でも比較的高い数値です。

振ってみた印象でも手元側はほとんど動きを感じないほどしっかりとしていました。

ちなみにツアーAD VRは6Sで261cpm。

 

センターフレックス

ツアーAD CQの中間剛性

中間剛性を計測してみたところ4.71kgです。

ここは平均的な数値ではありますが手元側との落差がかなりあるのが印象的。

ツアーAD VRは4.57だったので手元側と中間部ではCQの方が剛性感のあるシャフトであることがわかります。

 

さらに先端側のポジションも測ってみると4.35kg。

この部分での数値は平均よりも剛性が低めに設定されていました。

この部分はVRだと4.51kg。

手元の硬さと中間から先端にかけてのメリハリが物凄くつけられていて明確な方向性をもって作成されていることがわかります。

 

ツアーAD CQはシリーズ中で最も走るタイプであると感じます。

手元側は非常に硬いですが、中間から先端にかけてはわかりやすいほどしなって戻るので気持ちよさは最高峰です。

公式サイトでムチという表現をしていましたが、ぼく自身もまさにそれだなと感じました。インパクト付近での加速感は本当にすごいです。

ここまで硬いとタメを作れるスイングの方が相性が良いですし、特にインサイドアウト軌道が強い方は面白いと思います。

アウトサイドから入る感覚があるなら手元剛性が緩いVRの方がおすすめ。

 

ツアーAD CQのデザインについて

デザイン自体は従来のツアーADです。カラーはゴールドとブラックの組み合わせ。

実物をみると意外に地味でした。

 

ロゴはこんな感じです。

 

先端のデザインにもゴールドが使用されています。

 

裏面から全体をみるとこんな感じです。

 

正面から見た際はこのようなイメージです。

 

ツアーAD CQはこんな人におすすめ

ツアーAD CQがおすすめな方は以下

  • とにかく走り感のあるシャフトが好みな方。
  • 右への逆球をケアしながらドローで攻めたい方。
  • インサイドアウト軌道が強い方。

今作の走り感はほんとうに爽快で気持ちが良いです。走るタイプが好きなんだ!という方は絶対に好きだろうなと思うので単純におすすめ。

そして右方向へのミスはかなり減らせるタイプだったので、ドロー系をイメージしているのにプッシュアウトの逆球が出てしまうという方にも最適です。

最後にインサイドアウト軌道が強い方にもおすすめしたいです。そもそもかなり手元剛性が強いので切り返しからシャフトが寝すぎないのでスイング軌道自体を安定させやすいというのが理由。

同時にプッシュアウトによる右へのミスも減らせるので試してもらいたいです。

 

ツアーAD CQの総合評価

ツアーAD CQ評価

お世辞にも安定性が高いシャフトとは言いづらいですが、左にしか行かないぐらい走るので一方向だけ警戒すればいいというわかりやすさが良いところだと思っています。

その走り感に関しては捕まりの良さと気持ちよさが最高レベルなので、この手のシャフトが好みなら是非手にとってもらいたいですね。

ココ最近は大型ドライバーヘッドとの相性を考えた先端剛性高めのシャフトが多いなか、こういったわかりやすいメリハリの効いた走り系シャフトは貴重です。

おすすめ度

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

合わせて読みたい

関連【選び方】VENTUS(ベンタス)シャフト特徴&種類をわかりやすく解説

関連飛ぶカスタムシャフトおすすめ人気ランキング【ドライバー・フェアウェイウッド用】

関連本当に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に厳選紹介

関連試打評価】フジクラ スピーダーNX|低スピンドローで飛ばせる最強スピーダー

関連【試打評価】ベンタスTRブルー|これは叩ける!超安定の低スピンフェードシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】ベンタスTRブラック|硬い硬い硬い!だけど安定して超飛ぶシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】ベンタスTRレッド|初代以上の弾き感と捕まり【口コミ・評判】

関連【試打評価】ツアーAD UB|安定感抜群の低スピンフェードシャフト

関連ツアーAD PT試打評価レビュー|一生使える低スピンシャフト

関連ツアーAD HD試打&評価|先端ちょい硬だけど癖のないしなり感と中低スピンで伸びのある弾道が魅力

関連ツアーAD XC試打評価レビュー|バックスピンを減らせる強弾道シャフト

 

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事