試打&評価

ツアーAD XC試打評価レビュー|バックスピンを減らせる強弾道シャフト

ツアーAD XC試打評価レビュー

ツアーAD XC試打評価レビューです

グラファイトデザイン社から2019年モデルの新作カスタムシャフトとして登場した『ツアーAD XC

現在でも人気の高いツアーAD BBに近いタイプのシャフトで、先端に最新の素材が組み込まれているのが特徴。しなりのポイントは手元よりで先端は剛性が高く設定され、左へのミスを減らしたりバックスピン量を抑える効果も期待できるモデルとなっています

手元調子のシャフトなのだけれどメーカーからは「強いしなり戻りと加速感」というフレーズも使われているのも気になるところ

そこでこのページでは、高精度弾道計測機GC2を使っての試打データ計測をもとに、ツアーAD XCの良かった点と、ここはちょっと気になるという点をさらに詳しく正直に試打評価レビューしていきます

まさ
まさ
それでは早速、ツアーAD XC試打計測データから見ていきましょう

2019年9月6日発売予定

ツアーAD XCの特徴や素材については下記リンクの記事でも紹介しています

関連2019年注目のカスタムシャフト『ツアーAD XC』の情報まとめ。最先端素材を取り入れた手元調子系シャフト

ツアーAD XCの試打計測データ

ツアーAD XC試打クラブ
試打クラブのスペック
ヘッドTour B JGR(2019)
ロフト9.5°
シャフトツアーAD XC 5
フレックスS
バランスD2
総重量296g

 

ツアーAD XC試打計測データと弾道
 ツアーAD XCTour B JGR純正カーボン
ヘッドスピード(m/s)45.846.7
ボールスピード(m/s)66.567.7
打ち出し角(°)16.118.2
サイドスピン量(rpm)153右515左
バックスピン量(rpm)22892926
最高到達点(ヤード)4049
落下角度(°)4248
キャリー(ヤード)259251
総距離(ヤード)281269
4球打ってみての平均値のデータです。使用球は「SRIXON Z-STAR XV 2019年モデル」、比較対象としてTour B JGRの純正カーボンシャフトのデータも掲載しております
2019 TOUR B JGRドライバー 試打レビュー
TOUR B JGRドライバー(2019)試打評価レビュー【ブリヂストン】ボールスピードの速さは凄いが・・・Tour B JGRドライバー(2019)の試打評価レビューです そこでこのページでは高精度弾道計測機GC2を使ってのデータ計測をもと...

ツアーAD XCの飛距離や方向性

  • バックスピン量を低減できることで強弾道に
  • 弾道はやや低くなり、ランが出やすい
  • 先端剛性の高さから打点がブレた際でも飛距離は落ちにくい

Tour B JGR(2019)純正シャフトと比較してもバックスピン量が600強ほど抑えられていいます。これだけのスピン量の変化だと初速や風への影響も凄まじいものがあります

打ち出し角や最高到達点も低くなり、地面に落ちてからのランにも期待できる球筋となり、飛距離もかなり出ています

シャフトの特性どおりの結果がしっかりと反映されていて、風に強く前へ前へと推進力の強い弾道といえます

叩いても吹き上がりにくく、バックスピン量が多めの方や、バックスピン量をもう少し減らして飛距離アップしたいなあと考えている方には良いんじゃないかなと感じます

方向性に関しては打ち出し方向も安定し、サイドスピン量も少なめでどちらかというとフェードよりの球筋が出ています。やはり先端剛性を高めていることでインパクト前後でヘッドが返りすぎないようになっています

ドローヒッターよりも左に振り抜いても逆球が出にくいのでフェードヒッターに扱いやすいシャフトだなあと言えますね

まさ
まさ
バックスピン量が基本的に多めのぼくには絶妙にマッチするシャフト。フェードを打つ際に逆球が出にくいのでしっかり振り抜ける点も好印象です

ツアーAD XCの挙動やフィーリングについて

  • 手元側に粘りのあるしなり感が特徴
  • BBよりもハード目
  • 加速感というのはそれほど感じられない

事前情報どおりにシャフト手元側のしなり感が割と強く、切り返し時にはグッとシャフトがたまる感じが味わえます

反対にシャフト先端は想像以上に固くて、当たり負けしにくくミスヒット時にもヘッドが暴れにくい点はメリットになってくるでしょう

インパクト時には加速感があるという風に謳ってはいましたが、加速感というのは正直あまり感じられませんでした

動きが少ないシャフトというのがわかりやすいでしょうか、ツアーAD BBの先端材料を変更しているという説明がありますが、似ている感じは確かにあります

ただBBよりは先端が固く感じられてハードなシャフトには分類できます

先端が硬いので打球が低い方には相性はよろしくないでしょう

まさ
まさ
粘り系特有のしなり感がありますが、全体的にみて余計なことをしないシャフト。打球を抑えたい方向けなので、弾道が低い方にはおすすめしない

ツアーAD XCでカスタムするなら

  • 重心高めのヘッドでもスピンを抑えられる
  • ヘッドのロフトは10°以上が無難

スピン量が少なくなるシャフトなので重心位置が高いヘッドとの相性が最も良いのではないかと考えています

また最近のモデルはほぼ低重心設計でボールも低スピン化の傾向が強いので、こういったシャフトを使う場合はロフト角は10°以上のヘッドが良いでしょう

今回の試打でも平均で2200rpmとギリギリ理想値に納まるバックスピン量でしたが、一歩間違えると2000を切ってしまいドロップするような打球になりかねません

なるべくロフト角は多めにしたほうがバランスの良い飛び方になって安定性も向上します

まさ
まさ
よっぽどスピン過多になっている人以外はロフト10°以上のヘッドを装着することを推奨します

ツアーAD XCの総合評価:まとめ

こんな方におすすめ
  • 左方向へのミスを減らしたい方
  • バックスピン量を減らしたい方
  • 余計な動きをしないシャフトが好きな方

総合評価

飛距離:

上がりやすさ:

方向性:

操作性:

許容性:

バックスピン量がかなり減らせるシャフトなので、飛距離性能的にはまずまずのシャフト

純正シャフトで2900rpm近いバックスピン量が2200台まで減らせたので、バックスピンを抑えるという点においては優秀です

スピン過多でどうしても吹き上がってしまうという方には一度試してもらいたいシャフトです

また左へのミスも出にくいでの逆球のフックでOBが出てしまうというフェードヒッターにも最適でしょう

まさ
まさ
性能的には大好きだけど、シャフトのデザインはあまり好きではないですね(笑)

以上、ツアーAD XC試打評価レビュー|バックスピンを減らせる強弾道シャフト。という話題でした

関連【2019年版】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】

関連記事