新製品情報

【ツアーエッジ】Exoticsウイングマンパターが凄い良さそう|特徴とおすすめの取扱店情報

どうもまさです

2020年の4月に発売されるツアーエッジのExoticsウイングマンパターがカーボンを使った複合素材ヘッドという事もあってかなり良さそうです

現在スパイダーを使ったりと、ネオマレット形状のパターが個人的にも好きなので、めちゃくちゃ気になっています

開発者は現在人気のパターと競合はするが、単なるコピー&ペーストではないと言っていて、開発には2年を要したという自信作とのことなので注目せずにはいられないというところかなと

ということで、本記事では「ツアーエッジExoticsウイングマンパター」の特徴や、購入する際のおすすめの取扱店についての情報をまとめてみました

まさ
まさ
ネオマレットパターとしてはスパイダー系なのですが、トップパターと比較しても、価格がかなり抑えられている点が優位性のある部分かなと思います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

 

ツアーエッジ Exoticsウイングマンパター特徴

ツアーエッジExoticsウイングマンパターの特徴

研究開発に2年を要したツアーエッジの自信作である「Exoticsウイングマンパター」の大まかな特徴は以下のとおり

  • カーボンファイバーソールプレート搭載
  • ロックオンアライメントテクノロジー
  • 交換可能なソールのウェイト
  • 3つのホーゼルオプションラインナップ
  • 同種のトップパターと比較してかなり安い(USモデルで2万円ぐらい)

カーボンファイバーソール

ウイングマン02ソール

こんな感じのパターですが、要はテーラーメイドのスパイダーや、オデッセイのストロークラボTEN ブラックのようなネオマレットパターです

その中でもトピックになるのが、ソールに配置されたカーボンファイバーソールでしょう

ソールに配されたカーボンのメリットは重量の削減

従来のスチール素材に比べても大幅に軽くなっているので、余剰重量が生まれるのですが、それをヘッド外周部に再配置しています

これによって慣性モーメントを飛躍的に向上させたというのが最大のトピックです

構造的にはテーラーメイドのスパイダーなんかと一緒なのだけれど、構造的には理にかなっているのが実証されている技術というわけです

事実、ツアーエッジのこれまでのパターの中でも最高峰の高慣性モーメントパターに仕上がっているとのこと

まさ
まさ
価格的に安いので、コスパは良さそう

 

ロックオンアライメントテクノロジー

ウイングマン02アドレス

そして、PVD仕上げでヘッド全体がブラックなのだけれど、白いアライメントラインをしっかりと強調するようなデザインになっている点にも注目

これは非常に効果的な視覚効果を得られそうです

多くのゴルファーにとって正確なセットアップに貢献してくれるでしょう

 

ソールのウェイトが交換可能

ソールの後方2箇所に交換可能なウェイトがあります

こういったギミックは地味に嬉しいポイントで、打ちてに合わせて自在にカスタマイズできるのはありがいたい部分です

ちなみに標準では2個とも3gのウェイトが装着されていて、その場合のヘッド重量は355gとなっています

  • 3g
  • 8g
  • 15g

オプションの重量は上記のとおり

両方とも15gのウェイトをつければ379gまでヘッド重量をあげることができます

実はツアーエッジはストロークに合わせて、ヒールとトウのウェイトバイアスを調整するというものを推し進めたメーカーとしても有名

ストローク時にフェースが開いてしまう場合は、ヒール側を重く、逆に引っかける場合は、トウ側を重く

というようにウェイトキットを活用して、自由にカスタマイズするのも楽しめるポイントかなと思います

 

ツアーエッジ Exoticsウイングマンパターのラインナップ

3種類のヘッドラインナップが用意されているので、紹介しておきます

Exoticsウイングマンパター01

ウイングマン01ヘッド画像

まず、Exoticsウイングマンパター01ですが

これはショートスラントネックのタイプで、白いアライメントラインが太いタイプです

わずかにイントウインの弧をを描くようストロークタイプと相性が良いモデル

左へのミスを減らせるのも特徴のひとつです

 

Exoticsウイングマンパター02

ウイングマン02のヘッド画像

Exoticsウイングマンパター02はフェースバランスのモデルになります

ストローク時にヘッドの開閉がしにくいので、ストレート軌道でストロークしたい方に最適

アライメントラインは01と同様に白い太いラインです

 

Exoticsウイングマンパター03

ウイングマン03のヘッド画像

最後がセンターシャフトタイプのExoticsウイングマンパター03です

シャフトの延長線上にスイートスポットがあるのが特徴的

フェースバランスなので、こちらもフェースの開閉を使わないタイプと相性が良いでしょう

 

ツアーエッジ Exoticsウイングマンパターのおすすめ取扱店と発売日情報

発売日は2020年4月1日

現状では日本国内モデルの発表がないので、手に入れるならUSモデルが選択肢になります

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラSPEEDZONEを購入しています(昨年はEPIC FLASH)

メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

既に取扱いも開始していて、注文も可能となっています

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

まとめ

ツアーエッジ Exoticsウイングマンパターの紹介でした

ネオマレット形状がブームなので、そういったところでも注目のパターかなと思います

特にウェイトのカスタマイズ機能は地味ながらもギア好きには嬉しいポイントだったりするので、非常に面白いパターかなと感じます

ギア好きの方はぜひチェックしてみてください

以上、【ツアーエッジ】Exoticsウイングマンパターが凄い良さそう|特徴とおすすめの取扱店情報。という話題でした

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

合わせて読みたい

まとめ【2020】パターおすすめ人気ランキング|スコアアップできる22機種を紹介

関連スパイダーS(2020)試打&評価|スパイダーっぽくないのに芯の広さが最高【テーラーメイド】

関連トラスパター試打&評価|新発想の三角ネックで安定性が見事にアップ【テーラーメイド】

パターのカスタマイズにおすすめのギア

グリップバランス調整が自在のパターグリップ『Sense Golf Grip』試打&評価|パッティングストロークが劇的に改善

シャフトパター用カスタムシャフト『スタビリティーシャフト』試打評価レビュー|気になる性能から取り付け方法まで解説

関連記事
スタビリティツアーシャフト特徴&取扱 新製品情報

スリムになって新登場『スタビリティツアーシャフト』が発売開始|特徴と取扱い店の情報

2019年11月15日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
パター用のカスタムシャフトとしてギア好きの間では今や名の知れた『BGT スタビリリティシャフト』 カーボンとスチールシャフトを組み合わ …
新製品情報

プロジェクトX LSとIOが発売開始!アスリートゴルファーは要チェックなスチールシャフト

2020年7月17日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
プロジェクトX LSについては「プロジェクトXの新作ロースピンモデル「LS」が発表。ハードヒッターに最適なスチールシャフト」という記事でも紹 …