試打&評価

【ツアーロックプロ評価レビュー】カウンターバランスウェイトでリスク無しに飛距離アップできて最高だった

ツアーロックプロ評価レビュー

最近はコブラのKING LTD BLACKがお気に入りということもあってラウンドで使用する頻度が高いドライバーです

ツアーロックプロ装着ヘッドコブラ KING LTD BLACK
北米のみで販売されていたレアなヘッド。最近購入したゴルフギアでも紹介していたけれど、色が違うだけで基本性能は普通のKING LTDと同じです。デシャンボーがロフト5.5°のモデルを使用していることでも有名
KING LTD BLACKのヘッド重量スリーブ無しの状態で205g。とても重たいヘッドです

低スピンになりやすいうえに、安定度も高くてとても優秀なヘッドではあるのだけど、いかんせんヘッドが重たくて振りにくさを感じていたのが正直なところ

そこで、どうにかこの重ヘッドを生かせる方法はないものかと思って考えた結果、カウンターバランスにすることで振りにづらさを解消してみようと思いました

 

ツアーロックプロの8gウェイトツアーロックプロ スイングの8gウェイト

それを可能にするパーツとしてツアーロックゴルフの「ツアーロックプロ スイング」というウェイトキットを選択

このアイテム自体は以前からあったものだけど、この機会に試してみようと思って購入してみました

実際に使用してみての結論としては、総重量は重くなったのに本当に振りやすくなってトータル飛距離が10ヤード弱も伸びました。衝撃的です

まさ
まさ
数千円でできる手軽なカスタマイズとは思えないほど効果を実感できるうえに、ダメだったらすぐ元に戻せるリスクのなさも魅力的

かかった費用は専用グリップとウェイトを合わせて4,400円でした

今使っているドライバーに振りにくさを感じているのであれば、是非とも試してもらいたいおすすめカスタマイズです

ツアーロックゴルフTLP GOLF グリップ18

ツアーロックプロ スイングとは

ツアーロックプロ8gウェイト②これをグリップエンドに装着してカウンターバランスにします

クラブ内に特殊なウェイトをいれることで弾道を変えられるというアイテム。カウンターウェイト部門ではプロツアー使用率1位となっています

公式ページによると片山晋呉、成田美寿々、亀代順哉らが使っているとのこと

ウェイトは2,420円

 

ツアーロックプロ8gウェイトの重量ウェイトの重量バリエーションも豊富。8g〜30gまであります
ウェイトを入れることでカウンターバランスにすることができるのだけど、手元側を重くしてバランスを軽くすることで、ヘッドが軽く感じられるようになります

ヘッドが軽く感じられて振りやすさがアップ。ミート率やスイングスピードに影響を与えると言われていて、高重量ヘッドや高慣性モーメントヘッドの弱点でもある「振りにくさ」を解消することもできます

ツアーロックプロのウェイトにはスイング用とパター用のウェイトがあって、ウェイトの重量バリエーションも豊富です

ぼくが今回購入したスイングクラブ用は8、12、16、20、25、30gという種類があります

まさ
まさ
シャフトエンドやシャフト内部にも入れられる特殊なウェイトもあります、多彩なカスタマイズがあって自分にとって理想的な重量調整が可能になります

ツアーロックゴルフの製品で一番手軽にできるのは、今回ぼくが購入したのと同じグリップエンドに取り付けるタイプのものです(ツアーロックプロ スイング)

ツアーロックプロのウェイトで代表的なカスタマイズ方法は、専用工具でグリップエンドに穴をあけ、そこにウェイトを装着します

▼電動ドリル取り付ける専用のアタッチメントも販売されています

豊富な調整方法が用意されているから、実際のところどういったカスタムを施せばいいのかわからないよ。という場合がありますけれど問題はありません

ツアーロックゴルフの取扱い店にいる認定フィッターからフィッティングを受けることができます。本来はフィッティングを受けて調整するのが理想的かなと思います

ツアーロックゴルフTLP GOLF グリップ18

専用グリップ「TLPゴルフグリップ」を購入して8gのウェイトを装着

ツアーロックプロ専用グリップツアーロックプロ専用グリップ

今使っているグリップに穴をあけてウェイトを装着する方法も考えたけど、面倒なので専用グリップTLPゴルフグリップ」を購入しました

TLPグリップは1,980円でした

 

ツアーロックプログリップの素材エラストマーでイオ◯ックにそっくり

大手のグリップメーカーと協力して開発したという、エラストマー素材のグリップです。ここで言う大手メーカーとはイオ◯ックではないかと思う

まさ
まさ
たぶんですけど、明らかに握った感じもグリップパターンもイオ◯ック。握り心地も普通に良いです

 

ツアーロックプログリップの穴グリップエンドにもともとウェイト装着用に穴があいています

これは最初からエンドに穴が空いています。グリップを交換してウェイトを入れるだけなのでとても簡単にツアーロックプロを導入することができます

 

ツアーロックプログリップとウェイトの重量ウェイト込で56g

グリップが48gで、ウェイトが8gのものを装着しているので全部で56gになりました。グリップ自体にも重量公差があるので、取扱い店だとグリップの重さも選択できるはずです

当然ウェイトを装着した分ウェイト総重量はアップするから、クラブとしては単純に重たくなります。総重量は325gから330gとなりました

まさ
まさ
重量だけみたらめちゃくちゃ重たい
ツアーロックゴルフTLP GOLF グリップ18

明らかな振りやすくなって飛距離もアップした

ツアーロックプロを装着したクラブツアーロックプロを装着したクラブ。KING LTD BLACK-ツアーAD PT 6S

総重量が重くなったのだけれど、計測結果に差が出まくってめちゃくちゃ驚きました

まさ
まさ
劇的に飛ぶようになったからまずはデータを見てもらいたい

関連 ツアーAD PT試打評価レビュー|一生使える低スピンシャフト

 

ツアーロックプロ装着前と後のショットデータを比較

KING LTD BLACKの試打データツアーロックプロ装着まえ
ツアーロックプロ装着時のデータツアーロックプロ装着後

ウェイトを装着前と装着後のそれぞれの平均値が下記

 ツアーロックプロなしツアーロックプロ装着時
ヘッドスピード(m/s)46.2747.6
ボールスピード(m/s)67.969.7
打ち出し角(°)15.716.1
打ち出し方向(°)-0.1-0.5
バックスピン量(rpm)23962353.1
サイドスピン量(rpm)-94.864.0
センターからのブレ(yd)-4.50.1
キャリー(yd)253.8261.6
総距離(yd)270.4280.6

ご覧のとおり初速も上がって飛距離が伸びました。最高すぎる

スカイトラックの性質上、ヘッドスピードはボールスピードからの数値をもとに算出されています

そこで注目なのがボールスピード

めちゃくちゃ初速が出るようになって、平均で8ヤード弱キャリーが伸びましたトータルでは10ヤード。ここまで結果に差が出るとは思っていなかったから驚愕です

単純にスピードアップしていているというのもあるんだろうけれど、同時にミート率も上がっているんじゃないかなと思っています。でないとここまで顕著にボールスピードが上がることも考えにくい

まさ
まさ
振り心地もかなり良くなって、高慣性モーメントヘッドや高重量ヘッドの振りにくさを本当に解消できているし、文句なしの好結果です

ツアーロックプロのメリット

ツアーロックプログリップのロゴ

いつでも好きなウェイトに交換できる

エンドに付けているウェイトは取り外しが簡単にできるのでいつでも他の重さに交換できます

今回ぼくが使ったツアーロックプロ スイングは8g〜30gあって調整幅もとても大きいです。好きな時にいつでも交換できるのは単純にメリットでしょう

 

好きなグリップに装着可能

自分の好みのグリップがあると思いますが、基本的にはどのグリップでも穴を開けることができれば装着可能です

工房で作業を行わない場合は、専用工具のアタッチメントが販売されているので用意しましょう

 

数千円でできる手軽さ

ウェイトも専用グリップも数千円で用意できるから、導入費用もそこまでかかりません。工房でやれば工賃も必要にはなると思いますけど、それはしょうがない

 

ダメだったらすぐに戻せる。リスクはほぼ無し

基本的にはウェイトを取り除けば元に戻ります。カスタムのリスクがほぼ無いと考えています

さらにウェイトいらないとなった場合でもエンドの穴を塞ぐキャップも用意されているから、グリップに穴をあける心配もそこまでないから安心です

穴が空いているのがどうしても嫌ならまたグリップを交換して戻せばいいだけ

ツアーロックゴルフTLP GOLF グリップ18

ツアーロックプロのデメリット

グリップエンドに穴を開けるには専用工具を揃える必要があって手間

好みのグリップに穴を開けるには専用の工具が売られているので、それを購入したりと用意するものがあります

デメリットというほどでもないですけど、強いてあげればという感じですね

 

専用グリップはエラストマー製しかまだ無い

専用グリップが用意されているのはありがたいけど、イオ◯ックみたいなエラストマー製のグリップしかありません

これも致命的なデメリットでもないですけどね

 

総評:数千円で飛距離アップできる可能性がある

ツアーロックプロ8gウェイト②

明らかに振りやすさがアップしたし、ボールスピードがアップしたことで飛距離がめちゃくちゃ伸びました

まさ
まさ
本当にすごいカスタムパーツです

ダメでもすぐにもとに戻せるし、数千円単位の出費だからほぼリスクがありません。グリップを交換するぐらいの感覚で試せるので、はっきり言ってめちゃくちゃおすすめです

今使っているドライバーが振りにくかったり、重たいなーと思っているならぜひとも試してもらいたいですね

個人的にはまだウェイトの重量をあげても良いかもしれないと思っているから試してみたいです。勿論、やりすぎると逆効果だとは思うけれど、どこまで重くしていいのかも気になっているから、その時はまた記事にしたいと思います

おすすめ度

ツアーロックゴルフTLP GOLF グリップ18

合わせて読みたい

関連ドライバーおすすめ人気ランキング|本当に飛ぶドライバーを厳選紹介

関連ゴルフグリップおすすめ人気ランキングTOP10【ウッド・アイアン用】

関連飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】

関連コブラKING LTD PROドライバー試打評価レビュー|低スピン系では最強クラスの飛距離性能

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
タイトリストU500試打評価レビュー 試打&評価

タイトリストU500試打評価レビュー|難しさはあるが使いこなしてみたいユーティリティアイアン

2020年1月5日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
タイトリストのユーティリティアイアンであるU500を試打しました どんなクラブなのか、そしてどういった方におすすめできるかを正直にレビュー …