MENU
グラファイトデザイン

ツアーAD VRシャフトを試打評価|特徴を元クラフトマンがわかりやすく解説する

どうもまさです

グラファイトデザインの2018年最新モデルシャフト、「ツアーAD VR」をじっくり試打をしてみました

プロも実際に実践に投入するなど話題のシャフト。今秋に発売される各メーカーのNEWモデルにも装着されるので性能や特徴について気になっている方も多いと思います

このページでは元ゴルフショップ店員でクラブ修理も行っていたクラフトマンの私が、ツアーAD VRの実際の試打データをもとに、性能と特徴をわかりやすく解説していきます

※このページでは以下について解説しています

ツアーAD VRの試打データ

ツアーAD VRの特徴と評価

ツアーAD VRをおすすめするゴルファー

グラファイトデザイン ツアーAD VRの概要

 
日本ツアーでトップの使用率を誇り、PGAツアーでの使用率も高いことで人気がある「グラファイトデザイン ツアーAD VR」
 
今作は2018年の最新モデルで、シャフト手元側の剛性(硬さ)を高めています。シャープな振り抜きと強いしなり戻りで大型ヘッドのドライバーでも振り遅れにくく相性が抜群
 
バランスの取れた走り感でインパクトに向かって気持ちの良い加速感を味わえると言うのが一番の特徴となっています
 
 
TourAD VRの大まかな特徴をあげると
 
手元剛性を高めていてシャープに振り抜ける
 
加速感のあるしなり戻り
 
捕まりの良さ
 

発売日

シャフト単体での発売日は2018年9月13日の予定です

ツアーAD VRの外観とデザイン

外観のデザインはツアーADではおなじみの縞模様で今作はネイビーが採用されています

さらに光沢感のない艶消しのような感じになっていてシックな雰囲気に仕上がっています

あまり派手なカラーリングが好みでない方でも取り入れやすいのではないでしょうか

スペック

TourAD VR 4
フレックス重量トルクキックポイント長さ(インチ)
R246g5.746
R147g5.646
S47g5.646
TourAD VR 5
フレックス重量トルクキックポイント長さ(インチ)
R254g4.546
R156g4.546
S57g4.546
X60g4.546
TourAD VR 6
フレックス重量トルクキックポイント長さ(インチ)
SR63g3.246
S65g3.246
X66g3.246
TourAD VR 7
フレックス重量トルクキックポイント長さ(インチ)
S73g3.046
X75g3.046
TourAD VR 8
フレックス重量トルクキックポイント長さ(インチ)
S85g2.646
X86g2.646

40グラム台のR2からラインナップにあるので幅広いゴルファーがカスタムシャフトを楽しむことができるのもありがたいですね

4のR2はかなり柔らかめのスペック、シニアゴルファーでも十分使える重さになっています

ツアーAD VRの試打レビュー

試打クラブスペック

試打に使用したスペックは以下

試打クラブスペック
ヘッドブリヂストンTour B XD-3
ロフト9.5°
シャフトTourAD VR 6
フレックスS
長さ45.0インチ
総重量312g
バランスD-2

ヘッドにはブリヂストンの2018年最新モデル「Tour B XD-3」を使用

試打測定データ

計測器には正確な計測データを測れる、エンジョイゴルフ&スポーツジャパンさんの次世代弾道解析機「GC2」を使用しています

試打測定データ(5球の平均値)
ヘッドスピード44.7
ボール初速64.6
打出角度15.7°
サイドスピン206左
バックスピン2439
キャリー247ヤード
総距離269ヤード

ヘッドスピードは多くのゴルファーに多いであろう45前後で試打を行いました。高弾道の綺麗なドローボールを打つことができています

ツアーAD VRを試打してみての感想と評価

上述の試打データをご覧いただくわかるとおり、基本的にスライス打ちのぼくが一発目から気持ちよくボールが捕まり高弾道のドローボールが打てました

それでいて方向性も良くて飛距離性能も高いバランスが非常に高いシャフト

しっかり捕まえて飛距離を出していきたいけど方向性は犠牲にできないよっていう欲張りな方に最適です

控えめにいってかなり高性能なシャフト

高弾道のドローボール

方向性もよくコントロール性能も高い

シャフトの挙動

ワッグルしてみてもわかりますが先端側にしなりを感じます

スイングをしてみるとインパクトに向かってヘッドが加速していく感覚がしっかり感じられてボールを強力に弾き飛ばしてくれます

シャフトの先端側に動きがあるので打ち出し角度もつきやすく安定して15°程度の角度で飛び出していきます

挙動的には飛距離重視の弾き系シャフトとはっきり言えますね

手元側がしっかりしているので切り返し時にもたつかずに振り遅れにくくシャフトが寝にくいのも好印象です(シャフトが寝てしまうと振り遅れてのスライスが出たり、それを嫌がって返していくとチーピンがでやすくなります)

先端に動きがあり加速感がしっかり感じれる

振り遅れにくく正しいスイングプレーンに乗りやすい

良かった点

加速感が素晴らしく捕まり性能が高いのでしっかり飛距離を出していける点が特に気に入りました

捕まるってことは引っ掛けやチーピンが怖いよ、という方もいるでしょう。

ところがツアーAD VRは前述したように手元剛性が高くてシャフトが寝にくいのでクラブがオンプレーンになりやすくなります

クラブが立ってオンプレーンになるので下からあおるようなスイングになりにくく結果、チーピンのミスなどは抑制することができます

とはいえ手元剛性を高くしすぎるとシャフト自体を硬く感じて振りにくくなるのですが、適度にトルクを感じて切り返しで間を作りやすくなっている点も振りやすさに繋がっています

捕まりがよく飛距離性能が高い

シャフトが立って降りてくるのでオンプレーンスイングになる

あおり打ちを抑制してくれるのでチーピンや極端な引っ掛けが出にくい

こんなゴルファーにおすすめ

TourAD VRがおすすめのゴルファーは

ボールが捕まらずに飛距離ロスしている

弾道を高くしたい

あおり打ちでチーピンが止まらない

基本的にはフェードヒッターよりもドローヒッターにおすすめしたいシャフト

フェード打ちの方は左出して打っていきたいと思うので捕まってしまって戻ってこないなんてことも起こりえます

ただしスライス打ちの方でも目標よりも右に飛び出す方はシャフトが寝て入ってプッシュアウト気味にスイングしている可能性があります。そういった方にはTourAD VRにするとシャフトが立って入ってくるので打ち出しが安定してくるでしょう

ツアーAD VRのまとめ

総合評価:
 
インパクトに向かっての加速感がしっかり感じることができるシャフトでボールをしっかり捕まえることができるシャフトです
 
個人的には2018年発売の4大カスタムシャフトのなかでは一番気に入りました
 
ゴルフクラブはシャフトだけで性能が決まるわけではありませんが、カスタムシャフトは特徴がはっきり別れているので特徴を把握したうえで自分にあう物をみつけましょう
 
以上、ツアーAD VRシャフトを試打評価|特徴を元クラフトマンがわかりやすく解説する。という話題でした
 




関連記事