MENU
試打&評価

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール|食いつきが凄い!そして飛ぶ【口コミ・評判】

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール6

今回はブリヂストン2022年モデルのツアー系ボール「ツアーB XとXS」の試打計測を行いました

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール5

ツアーBボールはタイガーウッズやデシャンボーなど、世界的なプレーヤーも使用する事でも知られる日本が誇る最高のツアー系ボール。前作の2020年ボールも評価が高かったですし、個人的にも気に入って使っていたボールでございます。まあ良いよね、もはやハズレない定番みたいなところがあって安心感もあります

ちなみに今回はコーポレートカラー版を購入しました

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール20

今作はタイガーが求めた「ディープ感」を追求したり、デシャンボーが重視する飛距離性能など、全てのショットにおいて高いクオリティが求められていることは周知の事実。前作の時点でも最高だったので期待は大です

なお、今回もいつものようにツアープロも使用する弾道計測器「GC Quad」を使って計測を行いました

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール12弾道計測器 GC Quad

それではショットデータを見ながら、ツアーB X、そしてXs2022年モデルについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

テーラーメイドsimドライバー11
  • ヘッド:テーラーメイド SIM
  • ロフト角:9.0°
  • シャフト:USTマミヤ アッタスダース
  • フレックス:S
  • ボール:ツアーB X&Xs 2022(比較対象:タイトリスト プロV1x)
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ツアーB X&Xs2022ボール試打計測データ(ドライバー)

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール17ツアーB X 2022
【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール9ツアーB Xs 2022

平均データ

 ツアーB XツアーB XsプロV1x
ヘッドスピード(m/s)45.445.846.5
ボールスピード(m/s)65.765.567.2
打ち出し角(°)15.515.715
打ち出し方向(°)-2.5(左)-0.8(左)-0.9(左)
バックスピン(rpm)182923002319
サイドスピン(rpm)23(右)115(右)-99(左)
ピーク時の高さ(yd)34.438.438.2
降下角度(°)38.742.942.8
センターからのブレ(yd)-10(左)2(右)-9(左)
キャリー(yd)261.6253.6260.0
総距離(yd)278.4267.8273.6

以上が計測データになりますが、どちらもプロV1xよりもボールスピードは出なかったものの、ツアーB XはプロV1xと比較しても低スピンで、キャリー、総距離共に上回っています

それに比べ、ツアーB Xsはキャリーが253.6ヤードにとどまり、もう一つ伸びなかったという結果。スピン量やピーク時の高さ、降下角度などはプロV1xとほぼ同じではあるものの、ボールスピードはあまり出なかったことが要因です

高さの違い

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール8

高さを比較したものが上記画像です。緑がツアーB Xsで、赤がツアーB Xです

打ち出し角の数値は大差ないのですが、バックスピン量の影響で最高到達点はツアーB Xの方が4ヤード高くなっています

ツアーB Xの方が高弾道化しそうな気もしますが、スピン量がここまで違えばピークの高さに影響することは必然。バックスピン量を減らせるツアーB Xは最高到達点は割と低めでした。とはいえ特別低い弾道ということはなく、中弾道で風にも強い打球です

ツアーB X&Xs2022ボールのスピン性能を検証

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール13

ツアーB X、Xsを実際にラウンドに持ち出してGC Quadでスピン性能も確認しました

 

7番アイアンでのショットのデータです(使用クラブはRADSPEED 7番)

アイアンは両者ともに抜群の性能です。結果は下記

  • ツアーB X:6399rpm
  • ツアーB Xs:6585rpm
  • プロV1x:5374rpm

プロV1xと比べても1000回転ほど多いバックスピン量でした。RADSPEEDアイアンはストロングロフトなので、プロV1xが少ないわけではありません。それ以上にツアーBの両者はスピンがかかります。つまりアイアンでのスピン性能は最高

 

20ヤード前後でもバックスピン量は4000回転を超えてきます。XでもXsでも大差なく、相変わらずどちらもしっかりとスピンが入ってくれます

ショートアプローチでのスピンも申し分なしで隙がありません

ツアーB X2022ボールは柔らかいのに飛ぶ。万能なツアー系

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール21

個人的に特に気に入ったのはツアーB Xです。飛距離性能も申し分ありませんし、アプローチやパターなどのショートゲーム時のフィーリングもさらに良くなっています

ドライバーショットでのボールスピードは期待していたほど出なかったとはいえ、バックスピン量があきらかに低減されたことで飛距離が伸びています。そして空力性能、ここも凄いです

個人的に最高の空力性能を誇っているのはプロV1シリーズで、さすがにそこまでのレベルには到達していないかな、とは思うものの素晴らしい出来です

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール20

低スピン系ボールで不安に感じるのは、強いフォローになると叩き落とされてキャリーをロスしてしまうという点です。そのあたりの風への耐性もなかなかのものです。低スピンの弾道でもドロップすることが少なく、キャリーロスをそれほど感じませんでした

そしてスピン性能。ここは最高です。グリーン周りでも言うことなし

問題は打感です。ぼくとしては柔らかくなった打感は使いこむことで慣れてきて、今ではかなり気に入っていますが、前作までの打感をとても気に入っていた場合は「柔らかすぎる」と感じるかもしれません

プロモーションで「乗り感」というキーワードが使われていたりするのですが、柔らかいのでそういった感覚も確かに感じます。ちなみに今回試打で使っているSIMドライバーは打感が硬めなのですが、そういったクラブでも柔らかく感じられるようになるのはメリットです

ツアーB Xs2022ボールは飛距離はやや物足りないけど、食いつき方が段ちがい

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール16

ドライバーでの飛距離性能は物足りないです。というのもツアーB Xのほうが明らかに飛ぶから、というのが理由になります

Xでも十分柔らかくなっているし、スピン性能も変わらないです。今作はXを選ぶ人が増えるのではないかと思っています

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール22

では、Xsを選ぶべきなのはどういった人かというと「とにかく柔らかい打感が良い」という人でしょう。Xsは柔らかすぎるぐらい柔らかいです

実際、ここ最近打った中で「最も柔らかい」と感じていて、ここまで柔らかくする必要ある?というほどでした。これがタイガーのいうディープ感なのか・・・

ショートアプローチなどのヘッドスピードが遅くなるショットでも、フェースへの食いつき方がすごくて接触時間もほんの少しですが長く感じます。自在にショットを操るプロレベルならコントロールに影響してくると思います

ドライバーからパターまでめちゃくちゃ柔らかい打感が好きならXsは気にいるでしょう。フェースにくっ付く感じはXよりもさらに上。繰り返しになりますが、打感硬めのドライバーなどでも柔らかなフィーリングになる点はメリット

ツアーB X&Xs2022ボールを切断してみた

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール25ツアーB Xs

ボールをカットしてみたところ、ツアーB Xsは2層目の厚みも右側と左側では結構な違いが出ている個体がありました。当然全てのボールがこうだったというわけではありません

100%優良なボールが入っているわけではないことは承知の上ですが、今回購入したボールの中にはこういったモノもあったということです

 

【試打評価】ツアーB X&Xs2022ボール26ツアーB X

こちらはツアーB Xです。手持ちのボールすべてをカットしましたが、1枚目の写真ほどではなくて問題はないレベルだと思います

ツアーB X&Xs2022ボールの総合評価

バランスがいいと感じたのはツアーB Xです。飛距離が出るうえにしっかりと止まってくれるという最も重要な要素を満たしています

そして打感が柔らかくなったことで、前作のXsに飛距離をプラスしたようなボールへと進化した点も評価アップポイントです。もうちょっとしっかり目のフィーリングが好みの方だとソフトすぎるかもしれないので、そこが好みの分かれそうなところではありますが、ぼくとしてはプラス要素としています

対するXsは飛びが今ひとつだったので、やや評価をさげてしまいましたが、スピン性能とフィーリングは素晴らしボールです。特に柔らかさを求める方にとっては完璧な仕上がりといえるかと思います

耐久性はどちらも優れています。価格は高いけれど、それなりに長持ちするのでコスパは普通としておきましょう

問題は品質管理の面です。なかには歪なものもあったのが事実。とはいってもブリヂストンは他メーカーよりも高精度だとは言われているので気にしすぎない方が良いのかもしれません

結論、どちらもスピン性能は段違いですし間違いない選択肢です。特にツアーB Xは飛距離とスピンの両立ができていますから、素晴らしいボールです

ツアーb Xのおすすめ度:

ツアーB Xsのおすすめ度:

国内正規品を買うならゴルフ5公式オンラインストアがおすすめ

ゴルフ5公式オンラインストア

国内正規品のゴルフクラブをネット通販で購入するなら「ゴルフ5公式オンラインストア」がおすすめです

お得なポイントは多々ありますが、その中でも特にメリットになる点は下記

  • 最大5%ポイント還元。ポイントは実店舗でも使える
  • 5,500円以上で送料無料
  • 午前9時までの注文だと当日発送
  • 希望店舗にて最短30分で受け取り可能
  • オンラインストア限定クーポン&キャンペーン
  • 模倣品リスクがない
  • スペック交換企画もあって安心

ポイント還元率最大5%と高く、さらに楽天カードとアルペングループの提携クレジットカードからの購入だと6.5%までアップするのも魅力的

貯めたポイントはもちろんゴルフ5をはじめとしたアルペングループ各店で利用可能です

そしてなにより、国内最大手のゴルフストアなので模倣品リスクがありません。ぼくはゴルフ5オンラインストアに在庫があるなら優先的に利用しています

午前9時までの注文で当日発送してもらえたり、希望店舗での受け取りだと最短30分後には手に入るスピード感もありがたいところです

最後に、他のオンラインストアではなかなか利用できない最大のメリットをご紹介しておきましょう、それは購入後に満足できなかったら「無料で交換が可能(30日以内)」が利用できるところです。これは新製品などのクラブで行われるキャンペーンなので全ての商品が対象ではりませんが、商品ページに記載されているのでチェックしてください

交換キャンペーン:購入から30日以内に1回限り。実店舗への持ちこみに限ります。交換できるのは同一ブランド品。使用していても大丈夫。納品書兼領収書が必要

間違いない国内正規品のゴルフ用品を購入するなら、まずは候補に加えてもらいたいおすすめオンラインショップです

合わせて読みたい

関連ゴルフボールおすすめ人気ランキング|スピン系とディスタンス系の飛ぶボールをジャンル別に徹底解説

関連本当に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に厳選紹介

関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

関連「優しい&激スピンウェッジ」おすすめ人気ランキング|選び方も解説【口コミ&評価】

関連【試打評価】本間 TW-S/TW-X 2021ボール|価格とスピン性能は優秀【口コミ・評判】

関連【試打評価】ネクスジェンTOUR-SPEC 2021ボール|飛距離性能に優れたウレタンスピン系ボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンQ-STAR 2022ボール|意外とスピン性能の高い2ピースディスタンス【口コミ・評判】

関連【試打評価】タイトリスト AVX 2022ボール|プロV1よりも低スピン化させたいならアリ【口コミ・評判】

関連【試打評価】コストコ カークランドシグネチャーVer2.0ボール|最強のコスパボール【口コミ・評判】

関連【試打評価】キャロウェイ クロムソフト 無印、 X、LS 2022|ツアー系の中でも屈指の飛距離性能【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソン Z-STAR♦(ダイヤモンド) 2021|スピン重視のゴルファーに最適【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事