ボール

テーラーメイドTP5/TP5Xの2019年モデルが発表!発売は2019年2月15日

テーラーメイドTP5_TP5X新製品情報

どうもまさです

テーラーメイドのM5&M6が発売間近ですが、ボールのほうもモデルチェンジを行うようです

名称は変わらず「テーラーメイド TP5/TP5X」

そこでこのページでは、新しくなったTP5/TP5Xの特徴について紹介していきます

 

テーラーメイドTP5/TP5X 2019の概要

テーラーメイド TP5X 2019
 TP5TP5X
構造5ピース5ピース
カバーSOFT TOUGH CASTウレタンSOFT TOUGH CASTウレタン
弾道
フィーリング非常にソフトソフト
スピン非常に多い多い

発売予定日は2019年2月15日

2009年から5ピースを製造してきたテーラーメイドの最新ボール。5層構造の製品開発においてはノウハウが蓄積されており、前作の2017年モデルTP5/TP5Xの完成度も素晴らしかったです

ソフトなフィーリングに高いスピン性能、大きな飛距離と総合力の高いスピン系ツアーボールです

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Can’t wait to test and see how the new @taylormadegolf 2019 TP5/TP5x golf balls preform next month #tp5 #tp5x #taylormade #taylormadegolf

Jalen Dumasさん(@jalendtxgolf)がシェアした投稿 –

 

耐久性アップ

両方のモデルに共通している変更点としては、5層構造のうち4層目にあたる部分が30%硬くなっています。これによって耐久性が大幅にアップしました

4層目に採用されているのがHFM(ハイフレックスモジュラス)。衝撃によるたわみをボールスピードアップに変換するのに非常に効率的な素材です

 

コアを柔らかくし、ドライバーでの低スピン化

4層目を高耐久性にすることができたので、結果的にコアをより柔らかくすることが可能になっています

コアが柔らかくできたことで、ドライバーでのショット時におけるバックスピン量を減らすことができたとのこと

ドライバーでのスピン量の低減は飛距離アップに効果的なので、飛距離性能も非常に優秀のようです

 

ソフトタフキャストウレタンカバー

ボールの1番外側のカバーが「ソフトタフキャストウレタンカバー」

今までのカバーよりもフェースの溝に喰い付き、アプローチなどのショートゲームではスピン量がアップし、コントロール性も大幅に向上します

 

 

ジョン・ラームが3マイルもボール初速アップ

テーラーメイド契約プロのジョン・ラームが新ボールで3マイルもボール初速がアップしたそうです

かなりの初速アップですが、もちろんNEWドライバーであるM5&M6の効果も考えられるので、ボールだけで判断するには時期尚早のような気はしますが期待はもてますね

 

ダスティン・ジョンソンはTP5X

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dustin Johnsonさん(@djohnsonpga)がシェアした投稿

ダスティン・ジョンソンのインスタグラムでの写真ですが、2種類のうちからTP5Xを使用する模様です

 

まとめ

テーラーメイドTP5/TP5X2019の紹介でした

前作のTP5も完成度の高いボールだったので期待が大きいNEWボール。実際に試打を行った際にはデータをとり、実力のほどを検証してみたいと思います

以上、テーラーメイドTP5/TP5Xの2019年モデルが発表!発売は2019年2月15日。という話題でした

 

関連記事
MIZUNO MP-20特徴まとめ 新製品情報

ミズノMP-20アイアンがついに発表されたので特徴をまとめてみた|銅下メッキの極上の打感!これがメイドインジャパンだ!

2019年7月19日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ブルックスケプカの使用アイアンということで現在世界的にも注目度がグングン高まってきているミズノですが、この度2019年の新型アイアンとし …