MENU
試打&評価

タイトリストTS2フェアウェイウッド試打評価【ぶっ飛び】

どうもまさです

タイトリストの2018年新作フェアウェイウッド「TS2」を試打を行いデータ計測を行いました

この記事ではTS2フェアウェイウッドの飛距離性能をはじめ、感想をレビューしていきます

以前、飛びすぎ注意!タイトリストTS2,TS3 ドライバー試打レビュー【感想&評価】という記事を書きましたが、フェアウェイウッドもドライバー同様に飛距離性能を筆頭に素晴らしい出来栄えでした

TS2フェアウェイウッドを検討or性能が気になっている方の参考になれば幸いです

この記事では以下の内容について解説しています

タイトリストTS2フェアウェイウッドの試打測定データ

タイトリストTS2フェアウェイウッドを試打してみての感想と評価

タイトリストTS2フェアウェイウッドがおすすめのゴルファー

タイトリストTS2フェアウェイウッドの概要

タイトリストを使用するゴルファーが飛距離アップできる最高のクラブを具現化するというコンセプトで立ち上げたのが「タイトリスト スピードプロジェクト」

従来のタイトリストとは違い、とにかく飛距離性能にこだわって設計されているフェアウェイウッド。特に今回紹介するTS2は直進性に溢れたモデルとなっているので多くのゴルファーにとって非常に魅力的なモデルだといえます

TS2フェアウェイウッドのおおまかな特徴は以下の4点です

高初速による飛距離性能

やさしく打てる

高弾道の安定した飛び

直進性に優れている

 

タイトリストスピードシャーシ

タイトリストスピードシャーシの概要については飛びすぎ注意!タイトリストTS2,TS3 ドライバー試打レビュー【感想&評価】でも紹介しているので合わせてどうぞ

ロフトバリエーション

ロフト角はバリエーションが豊富に用意されています

全部で5種類の展開です

ロフト角
13.5°
15°
16.5°
18°
21°

 

発売日

  • オリジナルシャフトモデル:2018年9月28日発売予定
  • カスタムシャフトモデル:2018年10月26日発売予定

 

タイトリストTS2フェアウェイウッド試打レビュー

タイトリストTS2フェアウェイウッド

試打クラブスペック

試打スペック
ヘッドタイトリストTS2
番手5番
ロフト18°
シャフトスピーダーエボリューション5 FW60
フレックスS
バランスD1.5
総重量340g

試打計測データ

次世代弾道解析機GC2にて計測
試打計測データ
ヘッドスピード44.9
ボール初速63.0
打ち出し角12.3
サイドスピン83左
バックスピン3454
キャリー223ヤード
総距離241ヤード

 

タイトリストTS2フェアウェイウッドを試打してみての感想と評価

飛距離性能

はっきりいってぼくはフェアウェイウッドが苦手なタイプのゴルファーです

5番ウッドではマイクラブでキャリーが210~215ヤードでてくれれば良いなという感じでいつも打っていますが、今回の試打ではキャリーが平均で223ヤードという結果でした

4球中2球(1球目と4球目)はミスヒットしたんですがそこそこ飛んでくれているところをみると許容性も十分。ミスヒット時の飛距離ロスはかなり少ないフェアウェイウッドと言えますね

スピン量も5番にしては低スピンで強弾道。風にも強いですしこれならティーショットでも吹き上がりを心配せずに使えそうなので、3番ウッドを抜いてもいいのかなと感じるほどでした

マイクラブから平均で8ヤード飛距離アップ

低スピンで強い弾道なのでティーショットでも使える

飛距離性能が高く3番ウッドを抜く選択肢もありかも

 

弾道

弾道は正直なところそれほど高弾道という印象はなく、中弾道でした

ただ、弾道は中弾道ながら初速が速くしっかりボールが前に行ってくれるのでキャリーが出てくれて距離が伸びていると感じます

前述のとおりバックスピン量が少なめなので15°ぐらいのロフトだとドロップする方もでてくるでしょう

直進性に関してはかなりいい感じでサイドスピンも少なく安定したストレート弾道で攻めていける。狭いホールのティーショットなどでも威力を発揮するタイプです

中弾道

直進性に優れていて、ミスヒットでも曲がりづらい

 

打感&打音

フェースの反発はかなり好印象で打っていてとても気持ちがいい打感です

打音はTS2のドライバー同様に中音で、心地の良い感じです

反発力の良いフェース

中音の心地良い打音

タイトリストTS2フェアウェイウッドがおすすめのゴルファー

捕まりすぎず直進性に優れたフェアウェイウッドを探している

吹き上がってしまって飛距離ロスしている

フェアウェイウッドをティーショットでも多様する

といった方には特におすすめできるフェアウェイウッドです

タイトリストTS2フェアウェイウッドのまとめ

総合評価:

フェアウェイウッドが苦手なぼくでもしっかり飛距離アップをする事ができた素晴らしいフェアウェイウッド

少々ミスヒットしても曲がり幅が狭いので飛距離性能も去ることながら優しく打てるタイプです

反面、低スピンの中弾道なのでロフト選択を間違えるとキャリーが出にくくなる可能性もありますので、ロフト選択は慎重に行ってください(3番ウッドを入れるなら個人的に16.5°がおすすめ)

USモデルは先行販売中

国内モデルは2018年9月28日発売ですが、USモデル専門ショップフェアウェイゴルフさんでは既にUSモデルが販売中です

早くゲットしたいという方はUSモデルは価格も安くなっているので狙い目です

 

最後に

TS2、TS3ドライバー同様に飛距離をとにかく追求したモデルということでイメージがガラッと変わりました

フェアウェイウッドで飛距離アップしたいかたは是非試してみることをおすすめします

以上、タイトリストTS2フェアウェイウッド試打評価【ぶっ飛び】という話題でした

関連記事