本間ゴルフ

本間ゴルフTW747 455・460ドライバー試打評価|試打計測データから見る圧倒的な飛距離性能

どうもまさです

本間ゴルフから新しく発売される新作ドライバー「TW747ドライバー」を試打してきました。弾道計測器を使用してじっくり試打を行ってきましたので。試打計測データを見ながら感想と評価を正直にレビューしていきます

ドライバーは2種類のヘッドタイプがあり「TW747 455」、「TW747 460」をそれぞれ紹介していきます

先に結論からいうと、前作と比較しても飛距離性能が上がっていて「2018年に発売されたドライバーの中でも屈指の飛距離性能で飛ぶ」というドライバーでした(特に460は飛ぶ)

ココが良い
  • 高初速で飛ぶ
  • シャフトを抜かずにフェースアングルを調整できる
  • 前作TW737よりもミスに強く、優しくなった
ココが残念
  • フェースのスコアラインがない
  • シャフトデザインは個人的に好みではない

 

本間ゴルフ TW747 455・460ドライバーの概要

TW747ドライバーは、本間ゴルフの契約プロを中心にトップアマや競技志向のゴルファーに愛用者が多い「TOUR WORLD」シリーズの最新モデルです

TW747ではTOUR WORLDシリーズとしては初のカーボンクラウンを採用し、さらに業界初の技術で、シャフトを回転させずにフェースアングル・ロフト角・ライ角を調整できるノンローテーティングシステムを搭載するなど、本間ゴルフの技術力を結集した意欲作です

ヘッドタイプは455と460の2機種のラインナップ。ヘッド形状や重心位置が異なり、求める弾道やイメージによって選択することが可能となっています

ヘッドの内部構造については詳しく解説している記事も以前アップしていますので興味のある方は合わせて読んでみてください

関連記事本間ゴルフTW747ドライバーの性能と特徴についてまとめ

 

発売日

発売日は2018年11月16日

 

本間ゴルフ TW747 455ドライバー試打レビュー

本間ゴルフ TW747 455ドライバーの特徴

洋梨型で契約プロにも好評だという丸型の形状。フェースのアングルを調整する前の見え方はどストレート。

ややディープバックで叩いても吹き上がらない雰囲気が伝わってきます

ヘッドの座りも良く、すんなりアドレスすることができます

ソールのウェイトビスをシャフトの軸から最も遠い位置であるトウ側後方に配置していますが、ここに持ってくることで慣性モーメントを最大化することができるとのこと

洋梨形状ながら直進性に優れたヘッドです

カーボンクラウン系の最近のドライバーの中では圧倒的に形が綺麗!

 

試打クラブスペック

試打クラブスペック
ヘッドTW747 455
ロフト9.5
シャフトVIZARD FD 6
フレックスS
バランスD3.5
総重量315.5g

 

試打計測データ

試打測定データ(4球の平均値)
ヘッドスピード45.3
ボール初速65.7
打ち出し角14.9
サイドスピン119右
バックスピン2256
キャリー255ヤード
総距離278ヤード

 

本間ゴルフ TW747 455ドライバーを試打してみての感想と評価

飛距離性能

キャリーで250ヤード以上飛ぶのがぼくの中での飛ぶドライバーの基準ですが、5ヤードもオーバーしてくる飛距離性能

初速は65.7と試打した際のヘッドスピードを考慮するとかなり速い数字です

バックスピン量が2200程度と安定感があり、実際にコースで打った際にはこのぐらいがちょうど良いバランスで適度にスピンが入る点も、飛びとコントロール性能的に好印象

試打3球目はフェースの下目に当たったのでややバックスピン量が多く2500を超えていますがキャリーはしっかりでてくれています

キャリーとランのバランスが良く、飛距離も出る

ミスヒット時でも飛距離がそれほど落ちない

 

球筋

球筋的にはほぼストレートに近いフェードといえるサイドスピン量(119右)

フェードorスライス打ちの僕が打っても捕まりの良さを感じるが、引っかかるようなイメージは全くないです

弾道の高さはやはりカーボンクラウンによる低重心化の影響下、ヘッドに見た目とは裏腹に高弾道。この当たりは今どきのぶっ飛びドライバーと同様の大きなボールが打てます

直進性が高く、ボールが捻れない

洋梨形状だが低重心で高弾道

 

打感&打音

打音は低音で、しっかりフェースに乗っている感覚が味わえる柔らかい打感が特徴的です

柔らかい感触ながら初速もしっかり出ているのでキンキンする音が苦手な方でも非常に満足できるでしょう

個人的にはもう少し音が出て欲しいところですが、ヘッド形状のイメージとは一致している印象です

低音で落ち着いた打球音

フェースにボールが乗っている感覚が味わえる柔らかい打感

 

本間ゴルフ TW747 455ドライバーがおすすめのゴルファー

洋梨型の顔が良いドライバーが好き

吸い付く打感が好み

柔らかい打感でもしっかり飛距離を出したい

と言った方に特におすすめのドライバーです

 

本間ゴルフ TW747 455ドライバーのまとめ

総合評価

美しいヘッド形状ながら直進性に優れていて、一見難しそうに見えるが意外と優しくストレート弾道が打てるドライバーでした

国内メーカー各社が海外ブランドを意識した形状のドライバーを多く発売するなか、あえてこの形状を残してくれたのは個人的に非常に嬉しいです

それでいて最新テクノロジーを盛り込んでくるあたりがさすがの本間ゴルフといったところ

洋梨型で打感にこだわりながら飛距離アップしたい方に最適なドライバーです

 

本間ゴルフ TW747 460ドライバー試打レビュー

本間ゴルフ TW747 460ドライバーの特徴

体積やモデル名のイメージどおりの大型で平べったいシャローバック形状です

今どきのぶっ飛びドライバーの形状ではありますが、ネック周りがすっきりしていて本当に調整機能付き?と思ってしまうほど綺麗なヘッド形状

455と比較してもさらに低重心設計になって、より飛距離を追求したモデルとなっています

460のみですが、ソールのウェイトビスを前後入れ替えることが可能で重心深度をカスタマイズすることが可能です

 

試打クラブスペック

試打クラブスペック
ヘッドTW747 460
ロフト9.5°
シャフトVIZARD FD 6
フレックスS
バランスD3.5
総重量316.5g

 

試打計測データ

試打測定データ(4球の平均値)
ヘッドスピード46.5
ボール初速67.4
打ち出し角15.1
サイドスピン150右
バックスピン2171
キャリー

265ヤード

総距離289ヤード

 

本間ゴルフ TW747 460ドライバーを試打してみての感想と評価

飛距離性能

キャリー250ヤードが飛ぶドライバーの基準であると455でも言っていましたが、平均で265ヤードというデータがでました

ここまで飛ぶとは正直思っていませんでしたが、打った瞬間の初速が明らかに速いのでびっくりしました。はっきり言って飛びます!

バックスピン量は2100程度あるのでドロップしたりする危険性もなくコースで打ってもしっかりキャリーを稼いでくれる数値です

圧倒的に飛ぶ!

バックスピンも適度が入りキャリーがしっかり出る

 

球筋

球筋はややフェード気味、重心距離が長めだからか捕まりすぎる心配がない印象

455同様直進性が高く、打ち出しが高く大きなボールを打つことができます

カーボンクラウンならではの高弾道低スピンでアゲインストにも強い弾道です

455同様直進性が高く、ボールが捻れない

フェードボールがイメージしやすい

 

打感&打音

打音はやや高音で、フェースの反発力を強く感じることができるのが特徴的

455とは対照的で非常に弾き感が強い!ただその弾き感と初速の速さが一致しているので違和感はなく、むしろ好印象

反発力の強い弾き感のある打感

やや高音の打球音

 

本間ゴルフ TW747 460ドライバーがおすすめのゴルファー

大型ヘッドで安心感のあるタイプが好み

とにかく飛ばしたい

飛距離性能に加えて直進性も譲れない

と言った方に特におすすめのドライバーです

 

本間ゴルフ TW747 460ドライバーのまとめ

総合評価:

最近流行りの大型のシャローヘッド、圧倒的な飛距離性能が魅力でとにかく飛ばして行きたい方にはもってこいのドライバーです

海外ブランドにも引けをとらない飛距離性能を持っていて、真っ向から対抗できるモデルです

フェースの反発力も強く、直進性も高く。飛んで曲がらないドライバーとなっています

 

最後に

硬派なイメージがあったTOUR WORLDでしたが、調整機能やカーボンクラウンなど最新のテクノロジーやニーズをうまく取り入れてイメージを一新してきました

455と460ではっきりと棲み分けができている点も好印象で、選びやすいのも嬉しいポイント

個人的には飛距離性能が高く、完成度も素晴らしい460がかなり良い!

ただ一つ残念なのが、個人的にVIZARDシャフトのデザインが微妙というところですね

性能面は文句なしです

 

以上、本間ゴルフTW747 455・460ドライバー試打評価|試打計測データから見る圧倒的な飛距離性能。という話題でした

 

関連記事