アイアン試打評価

本間ゴルフTW747Vx試打評価。前作よりも打感が柔らかくなって飛距離性能も高い上質アイアン

どうもまさです

2018年11月16日に発売する本間ゴルフのアイアン「TW747Vx

本間ゴルフの新作アイアン「TW747Vx」「TW747P」特徴まとめ」でも紹介しましたが実際に弾道計測器を使用して弾道計測をしてみました

そこで、当記事では本間ゴルフTW747Vxを試打してみての感想を正直にレビューしていきますので、是非アイアンクラブ選びの参考にしてみてください

 

本間ゴルフTW747Vxアイアンの概要

シャープなハーフキャビティ形状の軟鉄鍛造アイアンでありながら、ストロングロフト化と低く深い重心設計で優しく高弾道が打てる「本間ゴルフ TW747 Vx

見た目のカッコよさや打感の良さ、飛距離性能、どの機能も譲れないという欲張りなゴルファーを満足させてくれるアイアンです

  • 打感の柔らかい軟鉄鍛造
  • ストロングロフトによる高い飛距離性能
  • シャープな見た目ながら直進安定性に優れる

 

 

スペックについて

装着シャフト:MODUS for TOURWORLD フレックスS
番手ロフト角ライ角長さバランス総重量
31959.539.0D2396g
42160.038.5D2402g
52460.538.0D2408g
62761.037.5D2414g
73061.537.0D2421g
83462.036.5D2428g
93862.536.0D2435g
104363.035.5D2443g
114963.035.0D2450g

 

発売日

2018年11月16日

 

 

本間ゴルフTW747Vxの特徴

正統派なハーフキャビティ形状の見た目ですが、本間ゴルフならではのこだわりの機能が盛り込まれたアイアンです

特徴が何点かありますが特徴に関しては以前まとめている記事を書きましたので興味のある方は合わせてご覧下さい

 

 

本間ゴルフTW747Vxアイアンの試打レビュー

コンパクトなヘッド形状でトップラインが薄くシャープな印象。しかし軽いグースネックになっているので捕まりも良さそうですし、ソールも適度に広さを設けてくれています

試打クラブなのでネックが特殊ですが、製品は接着タイプの一般的なものが販売されます

 

試打クラブスペック

試打クラブスペック
シャフトMODUS for TOURWORLD
フレックスS
番手7
ロフト30°
長さ37.0
バランスD2
総重量421g

試打したシャフトであるMODUS3 for TourWorldはメーカーのブランド名が入ったモデルとしてはMODUS史上初。重量はMODUS105とほぼ同じの重量です

重量はほぼ同じですが、しなり方の雰囲気はMODUS130に近い感じです。打ち出し角がつきやすく、ストロングロフトのアイアンヘッドと相性が抜群とのこと

 

 

試打計測データ

試打計測データ
ヘッドスピード37.3
ボールスピード50.7
打ち出し角16.7
サイドスピン372左
バックスピン5590
キャリー159ヤード
総距離172ヤード

 

 

本間ゴルフTW747Vxを実際に試打しての感想と評価

飛距離性能について

ロフト角が7番で30度ということでハーフキャビティ系のアイアンとしてはかなり飛距離が出てくれています

平均で170ヤードオーバーなので飛びの性能面では文句なし

普段32°の7番アイアンを使用していて総距離が160ヤードなのでほぼ一番手距離が伸びています

構えたときのスッキリした美しい見た目でこれだけ飛んでくれると非常に楽ですね

ただし、ハーフキャビティの見た目でトップブレードも薄めに作っているのも影響しているのか、打点がずれた際には飛距離が落ちやすく感じました。打点位置が安定していない方には少々厳しいかなという印象です

 

 

球筋はどんな感じ?

今回試打した感じでは捕まりも良く、ややドロー気味の球筋

トウ側にタングステンを装着して重心距離が長くなったことで捕まりが悪くなるのではないかと心配しましたがある、問題なしでむしろ直進性がアップしたと感じます

ボールの高さに関しては、ロフトが立っているハーフキャビティ系のアイアンにしては気持ちよくボールが上がってくれて高弾道です。 ストロングロフト化で心配していたバックスピンも現在使用中のアイアンと同等で、7番アイアンの平均値以上かかっているのでグリーン上でも問題なく止まってくれそうです。この当たりは専用設計MODUSシャフトの高打ち出し設計との相性の良さも感じます

ボールは上がりやすいタイプではありますが、重心位置がやや高重心なのでスイングタイプ的にはダウンブローに打っていく方の方が相性は良さそう

 

 

打感と操作性について

打感はこの手のアイアンの中でもかなり柔らかい感触です

というのも素材が軟鉄の中でも柔らかい、S20Cと呼ばれるものを採用していることが大きな要因 柔らかくボールが吸い付く感触を味わえます

打感が柔らかいのでフェースにボールが乗っている感じがするので、上級者であれば球筋を自在にコントロールすることも可能です

 

 

まとめ

総合評価
 
こんな方におすすめ
  • とにかく打感の柔らかいアイアンが好みな方
  • シャープな形状で飛距離性能を求める方
  • スイングタイプがダウンブロー気味の方

打感が非常に柔らかく、それでいて飛距離性能も高い上質なアイアン

形状も本間ゴルフらしく、とても綺麗な見た目でクラブの顔にこだわるゴルファーも満足できるでしょう

ミスヒットに関してはこの手のアイアンにしてはやや強いいった印象ですが、ポケットキャビティ系ほどではないので打点があまり安定していない方には正直おすすめはしにくいです

更に、ここが気になるというところは10番アイアン(いわゆるピッチングウェッジ)など短い番手のロフトが立っているのでウェッジを増やさなくてはいけないところ

総合的に見て、打点がある程度安定してきた中級者から上級者向けのアイアンという評価。打点が揃っている方には最高の打感と抜けの良さ、ハーフキャビティながら高い飛距離性能を手に入れることができるので非常におすすめのアイアンです

以上、本間ゴルフTW747Vx試打評価。前作よりも打感が柔らかくなって飛距離性能も高い上質アイアン。という話題でした

 

関連記事