MENU
クラブ選び

【選び方】VENTUS(ヴェンタス)シャフト特徴&種類をわかりやすく解説

フジクラVENTUSシャフト
まさ
まさ
どうもまさです

今や世界中に使用者がいるフジクラ「VENTUS(ヴェンタス)」ですが、2018年10月に開催されたPGAツアーの開幕戦「セーフウェイオープン」で初めてツアーに登場しました

現在ではダスティン・ジョンソンやジョーダン・スピース、渋野日向子プロが使用していることでも有名です

VENTUSが発売された当初は1種類のみの展開でしたが現在では3種類です。求めるフィーリングや球筋によってモデルを選択できるようになりました

そこでこのページでは、VENTUSについての特徴についての解説と、ラインナップの紹介。さらに購入する際のおすすめの取扱い店を紹介していきます

フジクラ VENTUSシャフトの概要と特徴

フジクラVENTUSシャフト

フジクラVENTUSに採用された新しいテクノロジーが「Velocore Technology」

ドライバーショットでオフセンターヒットした場合の球筋のバラつきや、ヘッドねじれを最小限に抑え、ボールスピードを最大化しつつ安定性を高めるというのが最大の特徴のシャフトです

USモデルが安くておすすめ

2020年3月に「VENTUSブルー」が日本国内モデルを発売されています(今ではブラックも国内モデルが発売)が、価格的にはUSモデルが安いので国内モデル以外の選択肢も頭にいれておくのがおすすめです

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラRADSPEEDドライバーなどを購入しています

フェアウェイゴルフは色々なショップがある中、メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品の取扱店なので安心感が違います

その他、USモデルだけのレア物なども多数取り扱っているのでギア好きの方は是非チェックしておきたいショップです

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

Velcore Technology

ventus-velocore

シャフト全長に「フルレングスの70トンピッチ炭素繊維」を採用しています

この素材は、現在のシャフト界隈では主流になりつつある超高弾性率材料で「T1100G」という素材があります。ただしVENTUSに採用された素材はそれよりも150%近く強く硬い素材で、安定性を大きく向上させることができるというものです

T1100GはSpeederシリーズで採用されている素材です。性能面での評判は間違いないものとなっていますが、それ以上の安定感を出せるという仕様です

さらに「40トンカーボンファイバー」を加え、シャフトのねじれを最小限に抑えることでヘッドの挙動を安定させます

70トン超高弾性カーボンファイバーと40トンの高弾性カーボンファイバーによるバイアス層から構成されたものがVELCOREテクノロジーと呼んでいる技術です

手元側がハイトルク、先端側がロートルク

先端側は非常に低トルクでねじれが少なく強度が非常に強くなっていますオフセンターヒット時のヘッドのブレであったりスピン量の抑制に繋がっています

手元側には適度なしなりを感じられるため先端の硬さの割に扱いやすさも感じられます

手元と先端のトルクの違いによって慣性モーメントが高まり、方向安定性が飛躍的にアップしていることが特徴となっています

低打ち出し+低スピンの弾道

先端部の剛性が高いことで、ロフト角がインパクト時のロフト角を抑えられ、打ち出し角は必然的に低くなることが期待できます

分厚いインパクトになり、フェース中央から上部でヒットしやすくなるので低スピン化するのが特徴です

強弾道が売りのシャフトですが、シャフト本来の性能を発揮するにはある程度のパワーが必要になってくるモデルといえます

目安としてヘッドスピードが45m/s以上は欲しいところ

ここに関しては3種類のラインナップが用意されているので若干特性が異なってきます

それぞれの特徴は後述しますので参考にしてください

フジクラ VENTUSシャフトのラインナップと特徴について紹介

ventusラインナップ

VENTUS ブルー

  • 中弾道+低スピン
  • 中調子でもっとも癖の少ないタイプ
  • VENTUSの中では最もオーソドックスなモデル

VENTUSシリーズではじめに発売されたモデルで、中調子という最も癖の少ないタイプ

VELCOREテクノロジーによって先端の剛性を高め、飛躍的に安定性をアップしながらも手元側にはしなり感を感じられるコントロール性能の併せ持った画期的なシャフトです

R2からスペックも豊富に用意されていて、VENTUSシリーズの中ではもっともスペックの種類が多いのも特徴です

実際に購入して試打レビューを行った記事もあるので参考にしてみてください

試打レビューフジクラ VENTUS ブルー試打評価レビュー|ハードヒッター向けだけど、プロが使うのも納得できる強弾道でコントロール性に優れたシャフト

モデル名フレックス重量トルク調子
BLUE5R256g4.0中調子
R57g3.7中調子
S58g3.4中調子
BLUE6R65g3.5中調子
S65g3.1中調子
X65g3.1中調子
BLUE7S76g3.0中調子
BLUE7X77.5g2.9中調子
BLUE8S86g3.0中調子
BLUE8X86g2.8中調子

あと、ゴルフ雑記帳のYoutubeチャンネルでも動画でVENTUSブルーについても紹介しているので合わせてご覧ください

VENTUS レッド

  • 中高弾道+中スピン
  • 先調子で飛距離重視のモデル
  • 飛距離特化型VENTUS

ブルーをベースに開発された先調子系のモデル。近頃PGAツアーでも流行り出しているのがレッドです

VENTUSシリーズの中では最も初速性能が高く飛距離に特化しています

先調子とはいえVELCOREテクノロジーの効果もあって先端側の動きは小さめ。捕まりすぎてしまう心配は少ないです。初速をアップして飛距離を伸ばしたいならレッドがおすすめです

ブルー同様に50g台のR2からスペックを選択できるのも嬉しいところ

試打レビューフジクラ VENTUSレッド試打評価レビュー|高確率で初速アップを狙える飛距離特化型シャフト

モデル名フレックス重量トルク調子
RED5R256g3.9先調子
R57g3.7先調子
S58g3.5先調子
RED6R65g3.4先調子
S65g3.2先調子
X65g3.1先調子
RED7S71g3.1先調子
RED7X72g3.1先調子

関連フジクラの新作シャフト「Ventus Red」がついに発表&発売決定|2019年秋発売予定

VENTUS ブラック

  • 低弾道+低スピン
  • 手元調子で最も先端の硬いモデル
  • ダスティン・ジョンソンやジョーダンスピースが使用しているモデル

 ツアープロの使用率が最も高いのがブラックです

先端から中間部の剛性が最も高く、弾道の高さとバックスピン量を飛躍的に抑えるというのがコンセプトになっているモデルです

選択できるフレックスも60g台のSシャフトからと最もハードなモデルとなっています

捕まりは意外にも悪くなくて弾道的にはストレート系です。それでいて左にもいきにくいです

フェース向きの安定度がとにかく高いシャフトで、方向性に関してはトップクラスに優秀です

実際に購入してみて試打も行っています。詳しくは試打レビュー記事をご覧ください

試打レビューフジクラ VENTUSブラック試打評価レビュー|ブルー以上の素晴らしい方向性

モデル名フレックス重量トルク調子
BLACK6S64g3.4手元
BLACK6X65g3.1手元
BLACK7S77g3.1手元
BLACK7X78g2.8手元
BLACK8X85g2.8手元

Youtubeチャンネルはこちら

USモデル専門店 フェアウェイゴルフがおすすめ

2020年3月にラインナップの中から「VENTUSブルー」のみが日本国内モデルを発売しました

しかしREDとBLACKに関してはUSモデルのみの展開となっています

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはコブラSpeedZoneドライバーやSIM MAX Dドライバーなどを購入しています(それ以外にも買っているけど)

フェアウェイゴルフは色々なショップがある中、メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品の取扱店なので安心感が違います

その他、USモデルだけのレア物なども多数取り扱っているのでギア好きの方は是非チェックしておきたいショップです

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

 

VENTUSシャフトの特徴&ラインナップ:まとめ

VENTUSブルーシャフトのデザイン

フジクラのNEWモデルシャフト「VENTUS」の紹介でした

こんな方におすすめ

  • バックスピン量が多く吹き上がって飛距離ロスしてしまう方
  • ここ一番での左へのミスを軽減したい方
  • 操作性の高いシャフトを求める方

フジクラといえばspeederシリーズに代表されるような弾き系のシャフトのイメージが強いですが、今作に限っていえば非常に粘りのあるシャフトとなっています

ツアープロたちも続々と使用を開始している注目のシャフトなのでギア好きは要チェックのモデルです

以上、フジクラ「VENTUS(ヴェンタス)シャフト」特徴&ラインナップをわかりやすく紹介解説。という話題でした

合わせて読みたい

試打レビューフジクラ VENTUS ブルー試打評価レビュー|ハードヒッター向けだけど、プロが使うのも納得できる強弾道でコントロール性に優れたシャフト

まとめ【2020】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】

まとめ世界中で話題のシャフト「TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介

まとめ【プロジェクトX】HZRDUS(ハザーダス)の特徴とラインナップをまとめ

各メーカーのスリーブ付きVENTUSシャフト

 

関連記事