MENU
シャフト新作情報

フジクラ「VENTUS(ヴェンタス)シャフト」特徴&ラインナップをわかりやすく紹介解説

フジクラVENTUSシャフト
まさ
まさ
どうもまさです

今や世界中に使用者がいるフジクラのシャフトですが、2018年10月に開催されたPGAツアーの開幕戦「セーフウェイオープン」で新ブランドのシャフトが初めて登場しました

その名が「フジクラ VENTUS(ヴェンタス)

現在ではダスティン・ジョンソンやジョーダン・スピース、日本ツアーでは浅地洋佑プロが使用していることでも話題になっています

新素材を採用したフジクラのNEWシャフトで、現在世界的に注目度が高いモデルで、今後さらに使用者が増えることは間違いないでしょう

VENTUSが発売された当初は1種類のみの展開でしたが、現在ではラインナップも増えて、求めるフィーリングや球筋によってモデルを選択できるようになりました

そこでこのページでは、VENTUSについての特徴についての解説と、ラインナップの紹介。さらに購入する際のおすすめの取扱い店を紹介していきます

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

世界中で話題のシャフト「三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介三菱ケミカルTENSEI(テンセイ)シャフトの特徴やスペック・ラインナップをお調べですか? タイガーウッズやマキロイ、ジャステ...

フジクラ VENTUSシャフトの概要と特徴

フジクラVENTUSシャフト

フジクラVENTUSに採用された新しいテクノロジーが「Velocore Technology」

ドライバーショットでオフセンターヒットした場合の球筋のバラつきや、ヘッドねじれを最小限に抑え、ボールスピードを最大化しつつ安定性を高めるというのが最大の特徴のシャフトです

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

Velcore Technology

ventus-velocore

シャフト全長に「フルレングスの70トンピッチ炭素繊維」を採用しています

この素材は、現在のシャフト界隈では主流になりつつある超高弾性率材料で「T1100G」という素材があります

今回採用されたモノはそれよりも150%近く強く硬い素材で、安定性を大きく向上させることができるというものです

T1100Gはフジクラシャフトを代表するSpeederシリーズで採用されている素材でもあり、その性能面での評判は間違いないものとなっていますが、それ以上の安定感を出せるという仕様です

さらに「40トンカーボンファイバー」を加え、シャフトのねじれを最小限に抑えることで低トルクかつ、ヘッドの挙動を安定させる効果が期待できます

この70トン超高弾性カーボンファイバーと40トンの高弾性カーボンファイバーによるバイアス層から構成されたものがVELCOREテクノロジーと呼んでいる技術です

 

手元側がハイトルク、先端側がロートルク

シャフト先端側は非常に低トルクでねじれが少なく強度が非常に強くなっていて、オフセンターヒット時のヘッドのブレであったりスピン量の抑制に繋がっています

その反面、手元側には適度なしなりを感じられるため先端の硬さの割に扱いやすさも感じられるモデルです

この手元と先端のトルクの違いによって慣性モーメントが高まり、方向安定性が飛躍的にアップしていることが特徴となっています

 

低打ち出し+低スピンの弾道

先端部の剛性が高いことで、ロフト角がインパクト時のロフト角が増えにくいため、打ち出し角は低くなりやすいシャフトです

なおかつ分厚いインパクトになり、フェース中央から上部でヒットしやすくなるので低スピンになりやすいのが特徴

かなりの強弾道が売りのシャフトですが、シャフト本来の性能を発揮するにはある程度のパワーが必要になってくるモデルといえます

目安としてヘッドスピードが45m/s以上は欲しいところです

ただ、ここに関しては3種類のラインナップが用意されているので、若干特性が異なってきます

それぞれの特徴は後述しますので参考にしてください

 

フジクラ VENTUSシャフトのラインナップと特徴について紹介

ventusラインナップ

VENTUS ブルー

  • 中弾道+低スピン
  • 中調子でもっとも癖の少ないタイプ
  • VENTUSの中では最もオーソドックスなモデル

VENTUSシリーズではじめに発売されたモデルで、中調子という最も癖の少ないタイプ

VELCOREテクノロジーによって先端の剛性を高め、飛躍的に安定性をアップしながらも手元側にはしなり感を感じられるコントロール性能の併せ持った画期的なシャフトです

R2からスペックも豊富に用意されていて、VENTUSシリーズの中ではもっともスペックの種類が多いのも特徴です

モデル名フレックス重量トルク調子
BLUE5R256g4.0中調子
R57g3.7中調子
S58g3.4中調子
BLUE6R65g3.5中調子
S65g3.1中調子
X65g3.1中調子
BLUE7S76g3.0中調子
BLUE7X77.5g2.9中調子
BLUE8S86g3.0中調子
BLUE8X86g2.8中調子

 

VENTUS レッド

  • 中高弾道+中スピン
  • 先調子で飛距離重視のモデル
  • ブルーやブラックに比べるとスインガー向け

ブルーをベースに開発された先調子系のモデル

VENTUSシリーズの中では一番先端側に動きがあり、高さを出せるタイプです

ただ、先調子とはいえVELCOREテクノロジーの効果で先端側の動きはマイルド。捕まりすぎてしまうことはなく、安定した中高弾道を打っていくならレッドがおすすめです

ブルー同様に50g台のR2からスペックを選択できるのも嬉しいところ

モデル名フレックス重量トルク調子
RED5R256g3.9先調子
R57g3.7先調子
S58g3.5先調子
RED6R65g3.4先調子
S65g3.2先調子
X65g3.1先調子
RED7S71g3.1先調子
RED7X72g3.1先調子

関連フジクラの新作シャフト「Ventus Red」がついに発表&発売決定|2019年秋発売予定

VENTUS ブラック

  • 低弾道+低スピン
  • 手元調子で最も先端の硬いモデル
  • ダスティン・ジョンソンやジョーダンスピースが使用しているモデル

 ツアープロの使用率が最も高いブラック

先端剛性が最も高く、弾道とバックスピン量を飛躍的に抑えることができるモデルとなっています

選択できるフレックスも60g台のSシャフトからと最もハードなモデル

左へのミスを軽減しながら、スピン過多による打球の吹き上がりを抑えるならブラックがおすすめ

モデル名フレックス重量トルク調子
BLACK6S64g3.4手元
BLACK6X65g3.1手元
BLACK7S77g3.1手元
BLACK7X78g2.8手元
BLACK8X85g2.8手元

 

US直輸入ショップ フェアウェイゴルフにて取扱い開始

現在では日本国内モデルの展開はなく、USモデルのみの販売となっています

そこでおすすめなのがUSモデルのゴルフクラブを専門に扱っている老舗のフェアウェイゴルフさん

ぼくも普段USモデルを購入する際に利用しているショップで、今年に入ってからはEPIC FLASHドライバーを購入しています。メーカーから直接仕入れを行っている正規ライセンス品取扱店なので安心感が違います

created by Rinker
USモデル専門・正規ライセンス品取扱い店

参考USモデル専門「フェアウェイゴルフ」は安全?ヘビーユーザーがメリット・デメリットを徹底解説

まとめ

フジクラのNEWモデルシャフト「VENTUS」の紹介でした

こんな方におすすめ

  • バックスピン量が多く吹き上がって飛距離ロスしてしまう方
  • ここ一番での左へのミスを軽減したい方
  • 操作性の高いシャフトを求める方

フジクラといえばspeederシリーズに代表されるような弾き系のシャフトのイメージが強いですが、今作に限っていえば非常に粘りのあるシャフトとなっています

ツアープロたちも続々と使用を開始している注目のシャフトなのでギア好きは要チェックのモデルです

以上、フジクラ「VENTUS(ヴェンタス)シャフト」特徴&ラインナップをわかりやすく紹介解説。という話題でした

【2019年版】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】2019年版のドライバー用カスタムシャフトおすすめ人気ランキングです(最終更新日:2019年11月3日) どうもまさ(@masa_go...
世界中で話題のシャフト「三菱ケミカル TENSEI(テンセイ)」特徴とラインナップを紹介三菱ケミカルTENSEI(テンセイ)シャフトの特徴やスペック・ラインナップをお調べですか? タイガーウッズやマキロイ、ジャステ...




関連記事