試打&評価

フジクラ VENTUSレッド試打評価レビュー|高確率で初速アップを狙える飛距離特化型シャフト

VENTUSレッド試打評価レビュー

フジクラ「VENTUSレッド」を実際に購入したので試打計測を行いました

今回は弾道計測機のスカイトラックを使ってデータ計測を行いましたので、計測データを元にレビューしていきます

ご存知の方もいるとは思いますけれども、既に当サイトでもVENTUSブルーVENTUSブラックは試打済みです。というかブルーが最高すぎるがあまり替えが効かない状態になっているのが現状です。基本的な弾道はストレート系

ではブラックはどうかと言うと、さらに安定性が高いシャフトです。方向性を重視するならブラックを選択する優先順位は上がってきます。ブルーが日本でも発売されて人気はどんどん上がっていますけど、ブラックもそれに続いて日本モデルが発売されます。PGAツアーでの使用率は一番高いのがVENTUSブラックのはず

ただ、VENTUSレッドをまだ打っていない事に最近気づいたので、実際に購入してみました。なぜ今になって買ったのかと言うと、アダム・スコットやジャスティン・トーマスがVENTUSレッドを装着したドライバーを実戦投入したというのが理由です

という事なんですけど、今回試打した結論から言っておくと「初速アップは高い確率で可能。先調子系だけど暴れない所はさすがのVENTUS」ただしスイングスピードは必要なハードさは変わらず

▼デザインは当然一緒。ただ、もっとド派手な赤かと思ったら結構落ち着いた色だったのが好印象です

VENTUSレッドロゴ

▼先端にはVELOCOREの文字

VENTUSレッドvelocore

それでは試打計測データと共に詳しく見ていきましょう

関連フジクラ「VENTUS(ヴェンタス)シャフト」特徴&ラインナップをわかりやすく紹介解説

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeもやってます。お問い合わせはこちら

フジクラ VENTUSレッドの試打クラブスペック

▼試打にはキャロウェイ EPIC FLASHドライバーを使用しました

VENTUSレッド装着ヘッド1

 

▼総重量は316g

VENTUSレッド総重量

ロフト角は9.0°、総重量は316g、長さは45.0インチ

フレックスは6S

 

▼振動数は264インチ。数値的には結構硬いです

VENTUSレッド振動数

 

フジクラ VENTUSレッドの試打計測データ

▼いつもどおり4球の平均値を取りました

VENTUSレッド試打計測データ

下記が平均値を見やすくまとめた表になります

ヘッドスピード(m/s)47.4
ボールスピード(m/s)69.5
打ち出し角(°)13.5
打ち出し方向(°)-0.9
バックスピン(rpm)2668.8
サイドスピン(rpm)33.2(右回転)
センターからのブレ(yd)-2.9
キャリー(yd)256.6
総距離(yd)275.4

初速が大幅にアップしたおかげで、平均キャリーも当サイトの基準値である250ヤードをあっさりクリアしています。飛距離性能は大きく向上しました

サイドスピンは概ね少ない傾向にあって、基本的にはフェード寄りのストレート系という感じでした。曲がった打球で言うと、2球目のスライスは持ち玉でもあるしまだ良いです。ただ、4球目はフックが出ているんですけど、これはいわゆる逆玉です。まあ、これはスイング的にミスった打球だったのですけど、逆にこれぐらいの曲がりで収まってよかったという打球でもあります

最後にバックスピンですが、平均でも2600程度なので、やや多い感じのデータとなっています

まさ
まさ
初速は確かに向上していて、ブラックよりも2m/s程度アップしています

フジクラ VENTUSレッドの評価

▼5項目、5段階の評価を付けさせてもらったのが下記

VENTUSレッド評価チャート

飛距離性能は一応5点初速は平均値でも70m/sに迫る勢いです。飛距離には欠かせない初速アップをしっかりと果たしている点が評価できるんじゃないでしょうか

初速に関しては事前情報通りなんですけど、少し気になるのはバックスピンが少し多くなっている点ですね。まあ平均で2600rpmだから、ここはロフト角の調整程度で減らせそうなレベル。そこまで問題ではないのかなとも思います

2400rpmぐらいにできれば、コントロールのしやすさも残しつつ、飛距離を伸ばせて更に良くなりそう。ということで、まだ余力もあります

全体的な飛距離性能は申し分なしかと思います

▼下の画像は3球目。初速も出ているし、方向もまずまず。バックスピンが多めでロスは出ているけど、それでも飛んでいます。初速はやはり偉大だ

VENTUSレッド弾道3

さて、VENTUSレッドの捕まり具合です。捕まりはVENTUSの中では良い部類だけど、極端に捕まるってわけでもなかったです

1球フックが出てしまっているけど、スイング的にミスしたやつですね

▼フックが出たのがこれです

VENTUSレッド弾道4

嫌なミスの代表例ではあるけど、スイング的なミスで出た打球です

切り返しから、しまったと思ったけど、これぐらいの曲がりで収まってくれて良かったです。先調子系の中ではだけど、捕まりすぎてしまう心配も少なめです

でも、正直安心感という部分では、VENTUSブルーとかブラックの方がさらに曲がりを抑えられるから強いです

というわけだから、やっぱり左を消したいならレッドよりは断然ブルーブラック。それでも前述したとおり初速性能が魅力的なんですよね

VENTUSレッド装着ヘッド2

フィーリング的には全体が硬いです。ブルーとかブラックよりも切り返しのしなり感が少なくて、よりピンピンしている印象です。先調子という表記だけど、先端はあんまり動かず暴れない

手元が非常に硬いことから、相対的に中間から先が僅かに動く感覚はあるけど、それでも動きは小さいです。ようするに先まで結構硬い

というわけで、スイング中は余計な動きがあんまり出ません。先調子系の中では操作性は高いシャフトに感じます

おすすめなスイングタイプはタメがとにかく強い方。強ければ強いほど良いです

逆におすすめしないのはリリースが速い人ですね。シャフトが棒になってしまうから手を出さないほうが良いと思います

フジクラ VENTUSレッドの弾道イメージ

▼スカイトラックでの弾道イメージです

VENTUSレッド弾道イメージまとめ

右下の4球目以外はストレートからフェード系の球筋。初速がとにかく出ているのが印象的です

やってしまった!!というミスで左が出てもこれぐらいに収まってくれたのは嬉しい。先調子系でも安心感は強いです

フジクラ VENTUSレッドの試打動画

まさ
まさ
Youtubeチャンネルにも動画をアップしました

 

総評

VENTUSレッドロゴ

VENTUSの中では一番飛ばせるシャフトであるのは間違いないです。初速は効果的にアップできますし、飛距離アップは高確率で見込めます

飛距離特化型VENTUSって感じです

スイング的なミスでフックが出てしまったいるけど、それでも方向性もそこまで損なわれていません。VENTUSの良さはしっかり出ている点はさすがだし、初速を上げて飛距離アップしたい方にはおすすめです

ただ、左にいくのはやっぱり嫌だなって方はVENTUSブルーVENTUSブラックがやっぱり良いですね

おすすめ度:

合わせて読みたい

まとめ【2021】飛ぶドライバー用カスタムシャフト|人気おすすめランキング【飛距離重視?方向性?】

まとめフジクラ「VENTUS(ヴェンタス)シャフト」特徴&ラインナップをわかりやすく紹介解説

関連フジクラ VENTUS ブルー試打評価レビュー|ハードヒッター向けだけど、プロが使うのも納得できる強弾道でコントロール性に優れたシャフト

関連フジクラ VENTUSブラック試打評価レビュー|ブルー以上の素晴らしい方向性

関連【UT用】ベンタス ハイブリッド ブルー試打評価レビュー|安定感を求めるハードヒッターにおすすめ

VENTUSレッドの各メーカースリーブ付きシャフト

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事
JPX921ホットメタル試打評価レビュー 試打&評価

ミズノ JPX921ホットメタルアイアン試打評価レビュー|高初速はウソじゃない新時代の飛び系アイアン

2020年10月15日
サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳
ミズノの2020年モデルアイアンであるJPX921ホットメタルアイアンの試打を行いました 今回も今までと同様に弾道計測機のスカイトラックを …