MENU
試打&評価

【試打評価】ベンタスTRブルー|これは叩ける!超安定の低スピンフェードシャフト【口コミ・評判】

【試打評価】ベンタスTRブルー11

今回はフジクラの「ベンタスTRブルー」の試打計測を行いました

2022年3月17日発売のベンタスシリーズ4種類目のシャフトです。ベンタスは初代の3モデルが登場してから長らくツアー使用率でもトップを走りつづけるロングセラーなのは有名。そして今作は満を持しての新作だったこともあり、注目度は当然めちゃくちゃ高いです

個人的にもベンタスブルーを愛用していたり、とにかく方向安定性が秀逸。叩けば叩くほど味が出るというスルメシャフトでもあります

ベンタスシリーズ剛性分布

ベンタスシリーズ、特にブルーとブラックは先端剛性が高く、打点ブレにも滅法強い代わり、ハードな仕上がりなのが特徴です

ツアープロの使用者が多いことからもわかるとおり、動きが抑えられたシャフトでフィーリングは硬め。端的に言えば左に行きづらいというモデル

それを踏まえてTRブルーを剛性分布を見てみると、ブラックとブルーの中間に位置するモデルなのがわかります。ブラックがちょっとしんどかった人にもアリな選択肢になる予感がします

【試打評価】ベンタスTRブルー5

それでは詳しいデータを見ながらベンタスTRブルーについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:テーラーメイド ステルス
  • ロフト角:9.0°
  • シャフト:ベンタス TRブルー
  • フレックス:S
  • 振動数:264cpm
  • 長さ:45.0インチ
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ベンタスTRブルー試打計測データ

【試打評価】ベンタスTRブルー

平均データ

ヘッドスピード(m/s)46.8
ボールスピード(m/s)67.3
打ち出し角度(°)17
打ち出し方向(°)0.1(右)
バックスピン(rpm)2022
サイドスピン(rpm)86(右)
ピーク時の高さ(yd)41.9
降下角度(°)42.7
センターからのブレ(yd)6(右)
キャリー(yd)270.3
総距離(yd)286.4

以上が計測データになりますが、キャリー270.3ヤード、トータル286.4ヤードです。飛距離は申し分ありません

今回はステルスに装着していますが、ヘッドの飛距離性能を損なうことなく、理想的なフェードボールを打つことができました

バックスピン量は平均値で2022回転と低スピン。弾道は超強く、飛距離を効率よく出せるシャフトです。期待どおり、叩いても吹き上がらないし、左にも行きにくい傾向があります

弾道イメージ

【試打評価】ベンタスTRブルー2

弾道イメージは上記です

今回のデータ計測に限ってはフック回転の打球はでませんでした。すべてフェード系かストレートボールとなり、左方向へのミスはものの見事に消してくれます

弾道のバラつき

【試打評価】ベンタスTRブルー1

打球傾向はまあまあ揃っていますし、かなり強く振ってみても安定感は確保できている点が優秀。飛距離を伸ばしながらも大きく曲がってしまうミスは出にくい点はやはりベンタスといったところですね

ベンタスTRブルーはベンタスよりもフェード傾向が強く、逆玉も出づらい

【試打評価】ベンタスTRブルー3

ベンタスブルーとベンタスTRブルー。この2つからどちらを選ぼうか、もしくは今すでにブルーを使用中だけど、TRブルーに乗り換えを検討している方もいるでしょう

比較してみると、従来のブルーよりもベンタスTRブルーのほうが捕まりは弱いです。つまり右に行きやすく、左はほぼ消せるシャフトといった性能だと感じていて、これはブルーよりもTRブルーの方が先端剛性が高いことが関係していると考えています

というわけで、ベンタスブルーで満足しているなら積極的に変更することは必要ないと思いますが、もう少し捕まりを抑えられると良いな、と考えている方にはおすすめな選択肢になります

2種類から新規で選択する場合、ぼくならベンタスブルーをおすすめします。TRは捕まりが弱すぎる嫌いがあるため、迷った際の選択肢としてはおすすめしにくいです。ベンタスブルーも十分高性能

それでも明確に左を消せるシャフトが欲しいならベンタスTRブルーはおすすめです。ラウンドでも実際に使用しましたが、逆玉が出る心配もないので安心感が抜群でした

ベンタスTRブルーは捕まるヘッドと組み合わせると飛ぶ

【試打評価】ベンタスTRブルー4

今回ぼくがデータ計測に使ったのはステルスドライバーです

個人的に捕まりがそこそこ良いと考えているドライバーですが、同時にバックスピンも増えてしまうのが悩みでした。初速が出るのでそれをなるべくいかしたいと考えていたので、それがドンピシャ

結果的には左を消せてスピンも減ったのは狙いどおり。こんな感じの狙いがあるならハマるんじゃないかと思います

捕まるヘッドとの組み合わせが最も飛ばせそうです

 

ベンタスTRブルーはわかりやすい中調子

【試打評価】ベンタスTRブルー9

ワッグルしてみるとほんの少し中間にたわみを感じます。注意してもらいたいのは、ベンタス自体が硬めなので、ほんのわずかですがそういった感触があるという程度です

振ってみるとブルーよりも弾き感のあるフィーリングです。手元側の動きが小さめで、中間部に動きを感じます

ブラックやブルーよりも振った感覚ではレッドに近い雰囲気も感じましたが、先端部はブラック並にしっかりしています

つまり、手元と先端の剛性が高く、中間がしなるというわかりやすい中調子です。ブルーのほうが手元剛性が低く、中間剛性も高いため、手元調子系が好みなら通常のブルー。少し弾き感がほしいならTRブルーという選択が良いでしょう

どちらも先端剛性は高くて捕まりは抑えられます。先端はほんとにしっかりしているので通常のブルーよりもむしろ捕まりは弱いと感じています

 

ベンタスTRブルーの振動数と中間剛性

【試打評価】ベンタスTRブルー10振動数 264cpm

振動数で手元部分の剛性を計測してみました。6Sで264cpm。USのアフターマーケット用シャフトの中では一般的な数値ですが、ハードはハードです

 

ベンタスTRブルーの中間剛性

シャフト中間部の剛性は4.76kgでした。比較的硬めですが、ベンタスシリーズでは最も低い値だったのが意外。わかりやすく中間がしなるのはこのためでしょう

 

ベンタスブルーの中間剛性

対してベンタスブルーは4.82kgです。中間部はTRのほうが柔らかいです。当然装着ヘッドやグリップの影響も出てくるので参考値としてください

実際打っていると、シャフト中間部に動きが多少出るという印象がありましたが、やはりシリーズの中ではやや柔らかめに設定されているのがわかります。ベンタスの中では一番わかりやすい中調子シャフトだと考えています

 

ベンタスTRブルーのデザインについて

【試打評価】ベンタスTRブルー5

ベースのデザインは従来のベンタスシリーズと同じです。通常のベンタスブルーよりも青みが強い感じがあります

 

【試打評価】ベンタスTRブルー8

ベンタスTRブルーにはTRのゴールドロゴが入っています。シンプルで良い感じ

あと、写真には写りませんでしたが、ラメが入っているので太陽の下では少しキラキラして見えます

 

【試打評価】ベンタスTRブルー6

グリップ下の部分が黒っぽくなっています。ツートンカラーっぽくも見えるので、シャフトが短く見える効果もわずかながら感じます

 

【試打評価】ベンタスTRブルー7

シャフトの手元側はクリア塗装になっており、内部が透けて見えます。最外層に独自の開繊クロス材を採用しているそうですが、それをアピールしたデザインです。高級感があって普通にカッコいい

 

ベンタスTRブルーの総合評価

【試打評価】ベンタスTRブルー12

ベンタスブルーよりも弾き感がありますが、やはり左に行かせたくないハードヒッターにおすすめです。先端剛性はブラック並に高いため、フェードでもバックスピン量と捕まりはしっかり抑えられます。右に行きやすいシャフトなのは間違いありません

本文中でも述べているとおり、ベンタスブルーで満足しているなら積極的に買い替えは必要ないとは思いますが、もう少し弾き感がほしいかなと感じているなら乗り換えもアリだと思います

セッティング的におすすめなのはちょい捕まるヘッドです。今回のステルスドライバーのようなヘッドが最適だと考えます

おすすめ度

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゴルフ雑記帳まさ@ゴルフブログ&YouTube(@masagolfxyz)がシェアした投稿

合わせて読みたい

関連【選び方】VENTUS(ベンタス)シャフト特徴&種類をわかりやすく解説

関連飛ぶカスタムシャフトおすすめ人気ランキング【ドライバー・フェアウェイウッド用】

関連本当に飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング |弾道計測データを元に厳選紹介

関連試打評価】フジクラ スピーダーNX|低スピンドローで飛ばせる最強スピーダー

関連フジクラ VENTUSレッド試打評価レビュー|高確率で初速アップを狙える飛距離特化型シャフト

関連フジクラ VENTUSブラック試打評価レビュー|ブルー以上の素晴らしい方向性

関連テンセイプロホワイト1K試打評価レビュー|飛距離性能を維持しながら安定性を向上できる有能シャフト

関連【試打評価】TENSEI PROオレンジ1K|無類の安定感だけどスペック選びに注意【口コミ・評判】

関連【試打評価】日本シャフト レジオフォーミュラMB+|粘りと走りの絶妙なバランス感【口コミ・評判】

関連【試打評価】カイリホワイト|ローフェードを操れる三菱の新ブランドシャフト【口コミ・評判】

関連【試打評価】N.S.PRO レジオ フォーミュラB+|極上の粘り感と高い復元力【口コミ・評判】

関連【試打評価】N.S.PRO レジオ フォーミュラM+|飛びと安定性を兼ね備えた弾き系【口コミ・評判】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事