PR

試打&評価

ゼクシオ13ドライバー試打評価レビュー|特に変わってないけど優しさは絶品

ゼクシオ13ドライバー試打評価レビュー

ゴルフ雑記帳のまさです。

今回はダンロップ ゼクシオの2023年モデル「ゼクシオ13ドライバー」の試打評価です。

ゼクシオもついに13代目で、ここまで長く続いたブランドはないというほど名作シリーズ。

特に代わり映えはしないですが、やはり優しく飛ばせるという点は「やっぱり良いな」と思える最高の完成度でした。

という事で、いつものようにGCクアッドを用いて弾道計測も行ったのでドライバー選びの参考にしてもらえれば幸いです。

今回からこの手の軽量モデルはヘッドスピード40m/sで計測を行っていきます。

まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ゼクシオ13ドライバーの概要

ゼクシオ13ドライバー

まず見た目はいつもどおりのゼクシオ。

ゴルフクラブ界のiPhoneかよ!と言いたくなるぐらい、それほど変化がありません(笑)

スリクソンなどにも使われているリバウンドフレームなども同じ。

ゼクシオ13ドライバーのフェース

新テクノロジーは「BiFLEX FACE(倍フレックスフェース)」

フェース外周部の剛性を最適化し、センターだけでなくオフセンターでも大きくたわんでくれるもの。

高初速エリアが拡大し、ミスってもロスが出ない設計となっています。

ゼクシオ13ドライバーのヘッド形状

ヘッド形状は前作ゼクシオ12から変わっていないように感じました。

いつものゼクシオで安心感のある形状、そしてフックフェースです。

ゼクシオ13ドライバーアクティブウイング

12代目から導入された「アクティブウイング」という出っぱりは、今作から2段式に変化しています。

見た目で一番違いがあるのはここでしょう。

2段式にしたことで空力がさらにアップしているらしく、ヘッド挙動はさらに安定するとメーカーは謳っています。

挙動が安定するから打点を芯に集められるというのが、ゼクシオ13の一番の売りです。

ゼクシオ13ドライバーヘッド形状横から

横から見るとこんな感じです。ゼクシオらしいシャローヘッドです。

ちょっとお尻が上がったかな?ぐらいは感じますが、今まで特に大きな変化はありません。

ゼクシオ13ドライバーの試打に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:ゼクシオ13
  • シャフト:XXIONP1300
  • フレックス:S
  • ロフト:9.5°
  • 総重量:約281g

【試打の結論】優しく飛ばせて安定する万人受けの超優等生

ゼクシオ13ドライバー試打データ2

結論から言っておくと、いつもどおりのゼクシオで簡単に飛ばせる。超優しいし安定感も申し分ない。

振りやすさ・捕まりの良さ・ボールの上がりやすさ等、優しさに直結する項目では軒並み高評価です。

とは言うものの、ゼクシオ12からだったら無理に買い替えはしなくていいかなと思っています。

理由はゼクシオ12からの違いがそれほどないしどっちもほぼ同等の結果が得られます。

ですが、11以前のモデルを使っているならこのタイミングで買い替えておくのがいいでしょう。リバウンドフレームやら何やらで、12から弾きとミスへの寛容性は上がっています。

良かったところ
ちょっと気になるところ
  • 楽に上がってキャリーを稼げる
  • ミスヒットに対する強さは絶品
  • よく捕まるのでスライサーに最適
  • 前作からの変化がほぼ無い

【レビュー】ゼクシオ13ドライバーの評価

まさ
まさ

各項目を10点満点で評価していきます。

GCQuad

計測には世界中のプロも愛用する弾道計測器GCQuadを使用しています。

明らかなミスショットを除いた平均データが下記

ヘッドスピード(m/s)40.4
ボールスピード(m/s)58.3
打ち出し角(°)19.6
バックスピン量(rpm)2418
サイドスピン量(rpm)-457(左)
高さのピーク(yd)38.2
降下角度(°)45.1
センターからの横ブレ(yd)-5.7(左)
キャリー(yd)215.5
トータルディスタンス(yd)232.9
まさ
まさ

今回から軽量ドライバーはヘッドスピード40m/sに合わせてデータを計測します

筆者は普段、ヘッドスピード47m/sから48m/s程度のスピードが出るのですが、ゼクシオみたいなタイプは40で測っていきたいと思います。

主な理由は下記

  1. 毎回フルスイングして体への負担が大きくなってきた(首痛めた)
  2. 40m/sの方が多くの方の参考になるだろうから(軽量モデルの場合)
  3. ヘッドスピードを揃えることで、比較に一貫性をもたせるため

という感じです。よろしくお願いします。

※特別な軽量モデル以外は45m/sで計測を行います。

飛距離【8/10】

平均キャリーは215.5ヤード。飛距離性能はまあまあです。

ヘッドスピード40m/sでも安定して210ヤード以上のキャリーが確保できるあたり、さすがのゼクシオ。

スピンが2000回転ぐらいに収まる、いわゆる低スピン弾道になった場合には220ヤードオーバーも見える印象です。

ですが、バックスピンは平均で2400回転ほどで、適度にスピンが入るタイプであることがわかります。

すごくぶっ飛ぶというよりも、安定して高いレベルで飛距離を安定させるというドライバーです。

当サイトのドライバーの飛距離基準(H/S 40m/s前後の場合)
  • キャリー210ヤード以下:
  • キャリー210ヤード以上:飛ぶ
  • キャリー220ヤード以上:かなり飛ぶ
GCQuadで計測

上がりやすさ【10/10】

ゼクシオ13ドライバーの弾道高さ

ぼく打った場合で、打ち出しは19.6°と高すぎるぐらいの値でした。

ヘッドスピード40m/sでもピーク時の高さは40ヤードに迫り、非常に高弾道です。

上がりやすさは文句なしの満点評価となりました。

捕まり【9/10】

よく捕まってくれます。サイドスピン量は平均で450回転を超えており、フックの度合いも強いほうです。

ゼクシオ13ドライバー試打弾道3
ゼクシオ13ドライバー試打弾道1
ゼクシオ13ドライバー試打弾道2

ヘッドスピードが特別速くなくても右にすっぽ抜けるような事もありません。

ゼクシオらしく安定してドローを打っていけるあたりが強みですね。

打感【8/10】

ゼクシオ13ドライバーのフェース

打感や打音はいつものゼクシオです。

前モデルより金属音が強調されている気がするため、H/Sがそれほど速くなくても爽快な弾き感を感じられました。

寛容性・安定性【10/10】

ミスへの強さ、ヘッドのブレなさは素晴らしいです。

280gと軽量ですが方向性もすごくいいです。

ゼクシオ13ドライバーインパクトデータ

ご覧のように打点はセンターからトウ側にバラつきがみられますが、安定した球筋で飛距離のロスなども見られません。

スマッシュファクター(ミート率)も1.44以上を安定して出せているあたりも優秀です。

ゼクシオ13ドライバーのバラつき

打点がブレても大幅な飛距離低下はやはりないです。

とにかく優しいですね。

操作性【4/10】

特別操作性が良いということはありませんし、求めている人も少ないので問題ではないです。

そもそもフックフェースが強いので勝手に捕まってくれますし、逃して打ってもストレートぐらいにしかなりません。

あと、弾道も自動的なぐらいに高くなるので高低の打ち分けも相当極端にやらないと難しいです。

構えやすさ【8/10】

ゼクシオ13ドライバーヘッド形状2

ここもいつものゼクシオ。

ゼクシオエックス(2023)よりもフックフェースなので構えにくさは正直あります。

スライサーなら安心感のあるフェースアングルかもしれませんが、スライサーの方でもフックフェースが嫌な方もいるので、ここは好みの分かれそうなところ。

総合評価【8/10】

ゼクシオ13ドライバー評価チャート

総合評価は10点中8点。

操作性以外では全てが平均以上のクオリティ。さすがゼクシオです。

ただし、メーカーがやたらとアピールしている、「打点が勝手に芯に集まる」みたいなことは言い過ぎではあると思います。

実際ぼくが打つとややトウ寄りのヒットが目立っていたし、そんな都合の良いものはやはりなかった(笑)

ですがミスヒットしても安定した球筋と飛距離が打てるので、買って損をすることはなく、

良いドライバーであることは間違いありません。特に平均ヘッドスピードが40m/s前後の方は優しく捕まった高弾道ドローが打ちやすいと思うのでおすすめです。

ゼクシオ13ドライバーをおすすめする人、おすすめしない人

ゼクシオ13ドライバーアクティブウイング

ゼクシオ13ドライバーをおすすめする人、おすすめしない人というのが下記。

おすすめするゴルファーはこんな方

  • ヘッドスピード40m/s前後で高弾道ドローを狙いたい方
  • 打点が安定せず飛距離ロスが目立つ方
  • スライスで飛距離ロスしがちな方

おすすめしないゴルファーはこんな方

  • フッカーの方
  • ヘッドスピード43m/s以上でる方(ゼクシオエックス2023がおすすめ)

ゼクシオ13ドライバーの試打評価まとめ

ゼクシオ13ドライバー

13代目ということもあって極まってきた感じはあります。

ゼクシオブランドらしく超絶打ちやすく、アマチュアゴルファーのことを知り尽くし、考え抜かれたてドライバーです。

買って失敗するリスクが最も低いドライバーであることは間違いないですし、平均ストロークを押し上げてくれる確率も高いです。

ただ、前作ゼクシオ12からの進化は本当に感じにくいです。個人的には正直ほとんど違いがわかりません(笑)

ゼクシオ12ドライバーをすでに使っているなら積極的に買い替える必要性はなさそうに感じました。

とにかく簡単さは現市場において最高のドライバーです。

ヘッドスピード40m/s前後で、打点ブレが大きい・スライスによる飛距離ロスが大きい・弾道が低い、こういった悩みがある方には最高におすすめです。

合わせて読みたい

関連飛ぶドライバーおすすめ人気ランキング【飛距離重視】

関連ゼクシオエックスドライバー(2023)試打評価|優しく飛ばせて安定する万人受けの超優等生

関連【試打評価】スリクソンZX5 Mk2 LSドライバー|低スピンで飛ばせる。松山英樹が使うのも納得のポテンシャル【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンZX5 Mk2ドライバー|スピンがしっかり入る安定系。飛距離は普通【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンZX Mk2フェアウェイウッド|理想に限りなく近づいた最高傑作【口コミ・評判】

関連【試打評価】スリクソンZX Mk2ユーティリティ|飛距離は並だけどラインの出しやすさが素晴らしい【口コミ・評判】

関連ゼクシオエックス ハイブリッド(2024)試打評価|最強に安定するユーティリティ爆誕

関連【試打評価】ゼクシオエックス フェアウェイウッド2024|弾きの良さと抜群のやさしさ【インプレッション】

関連【試打評価】ヤマハRMX VD/Xアイアン|安定性、上がりやすさ、飛距離!最強です【インプレッション】

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
一緒に読まれている記事