MENU
試打&評価

【試打評価】ヤマハ RMX VD40アイアン|神がかった安定性の異形クラブ【口コミ】

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン14

今回はヤマハの「RMX VD40アイアン」の試打計測を行いました(GCQUadを使用)

今作はヒール側に出っ張りのあるヘンテコアイアンで、見た瞬間に「ウワッ!」と思ってしまいます。見た目は残念ながらダサいです(笑)

これはヘッドの先端側とヒール側に極端に重量を配分するのが狙い。それによって慣性モーメントの向上を図っています。慣性モーメントはアイアンなのに驚異の4000。安定性を追求しミスショットを徹底的に排除しようとした結果だそうですが、形状美を捨てて性能に全振りしてくるあたりが面白い

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン5

実際に打ってみた結果は、恐ろしいほど安定します。ほぼ同じところに飛んでいく驚異的なまとまり感です。見た目を気にしないならアイアンショットはかなり簡単にすることができてスコアアップの可能性も高まるはず

見た目はめちゃくちゃ飛び系っぽい雰囲気ですけど意外とロフトは立っていません。飛距離はぼちぼち

それでは詳しいデータを見ながらヤマハ RMX VD40アイアンについてレビューしていきます

計測に使用したクラブのスペック

  • ヘッド:ヤマハ RMX VD40
  • 番手:7番
  • ロフト角:30°
  • シャフト:ディアマナ YR50
  • フレックス:SR
  • ボール:タイトリスト プロV1x
  • 弾道計測器:GCQuad
弾道計測器はPGAツアープロも多数使用する「GCQuad」です
まさ
まさ
まさです。ツイッターYoutubeインスタグラムもやってます。フォローよろしくお願いします

ヤマハ RMX VD40アイアン試打計測データ

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン

▼平均のデータが下記

ヘッドスピード(m/s)37.3
ボールスピード(m/s)51.5
打ち出し角度(°)21.4
打ち出し方向(°)0.2(右)
バックスピン(rpm)4910
サイドスピン(rpm)-776(左)
ピーク時の高さ(yd)35
降下角度(°)49.6
センターからのブレ(yd)-12(左)
キャリー(yd)164.6
総距離(yd)174.3

以上が計測データです。飛距離はロフト角30°ということですが、そう考えるとほんの少し飛ぶというイメージです。ボールスピードは平均的ですが、ちょっとだけ飛ぶ雰囲気があるのはバックスピン量が5000を下回るのが要因です

スピンに関しては正直少ないなーという印象。幸い降下角度が49.6°ついているので止めることはできますがディスタンス系ボールと組み合わせると怖いところです

打ち出しは見た目どおり高めの数値で21°という結果。スピンに期待するよりは高さで止めていくという感じになるでしょう

 

▼弾道イメージを見てみるとこんな具合

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン3

弾道は全てドロー系でした。大型でうちわみたいなサイズ感のアイアンですが、意外なほど開きにくくてしっかりと捕まってくれます

最初はこの打球が出て「いや!曲がるやん!!」と思いましたが続けて打っていくとビックリ

 

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン1

どうでしょうか。全てほぼ同じ弾道です。思わず笑ってしまうほど揃っています

これが慣性モーメントを追求した結果なのか?縦も横もビシッと合ってきます

 

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン2

素晴らしい安定性です。高さも曲がり幅も一定していて、ある意味無敵のアイアンなのではないか?とすら思ってしまうほど。左右だけではなくて上下の打点ブレにも強さを感じます

無論、操作性は皆無です。曲げたい時には曲がりませんが、今作を選択する人はそれを求めていないだろうから問題ないでしょう

当然打ち手のレベルによってはここまでまとまることはないですけど、ミスした時のバラつき具合は格段に小さくできます。落下地点のズレが少なくなるのは多くの人が実感できるはず

ヤマハ RMX VD40アイアンのライバルはゼクシオ12

ゼクシオ12アイアン試打評価レビュー4

この手の大型アイアンでRMX VD40のライバルになるのはゼクシオ12かなと思います

2モデルを比較しても安定性ではVD40の方が上。打球が左右にばらついてしょうがないと考えているなら、VD40を選択するのが個人的なおすすめ

ただゼクシオ12の方がロフトが立っていて飛距離が出ます。さらにバックスピン量が多いのが優位性です。飛んで止められるイメージがあるのはゼクシオ12アイアンです

VD40は曲がらなくて方向安定性は最強だけどスピンが少なめだったのが懸念点

ヤマハ RMX VD40アイアンのヘッドについて

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン6

もはや見た目に関しては捨てているはず。潔い外観です。性能を追求するとオーソドックスなデザインではもう無理なのかな?とも思えてきます

 

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン7

ヘッドのトウとヒールに最大限重量を配分しているという形状です。加えてポケット部分もかなる深く広くなっています。低重心化も徹底的に行われている構造。高さはたしかに出やすいので納得感のあるデザインです

 

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン8

これはメーカーサイトでも言われていますけど、構えてみると全く普通のアイアンです。ヒールの出っ張りは見えなくなります

気になるのはそのヘッドのサイズ感です。まるでうちわを振っているかのようなビッグサイズです。でも大きさは使っていると慣れます

結構グースネックです。大きすぎるぐらい大きいので捕まえるためにはこうなったという感じでしょう

 

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン13

トップブレードはそこまで太くありません

 

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン10

フェース面はこんな感じです

 

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン9

打感に触れていませんでしたが、見た目どおりというフィーリングです。弾きの強いタイプ

打球感に違和感はないです

ヤマハ RMX VD40アイアンの総合評価

【試打評価】ヤマハRMX VD40アイアン15

圧倒的な安定感です。厳密に言うと曲がってはいたんですけど、ほぼ同じ打球になってしまって高さも距離も凄まじく揃ってきます。つまり計算できるアイアンです

曲がり幅に関しては持ち玉の影響は出てきますが、前後左右の誤差を小さくできる確率は今まで打ってきたアイアンの中でも明らかにトップオブトップ

アイアンを曲げたくないなら選択肢に入れて頂きたいです。見た目はほんとにダサくなるので、そこよりも結果を重視する方にはおすすめ

性能面は素晴らしい出来です。見た目で癖が強いのでこの評価

おすすめ度

合わせて読みたい

関連打ちやすいアイアンおすすめ人気ランキング|解説&レビュー付きでわかりやすく紹介【口コミ&比較】

関連【試打評価】ヤマハRMX VDフェアウェイウッド|契約外プロが多数使用する話題のクラブ【口コミ】

関連【試打評価】ヤマハRMX VD UT(ユーティリティ)|アイアン感覚で使えるUT

関連【試打評価】ゼクシオ12アイアン|超高弾道のオートマアイアン【口コミ】

関連【試打評価】ヤマハRMX VDドライバー|フェース上部でヒットしやすくシンプルに飛ぶ!ヤマハの傑作1Wが誕生

関連ヤマハRMX VD59ドライバー試打評価レビュー|弾道調整機能の到達点かも

 

ABOUT ME
まさ
ゴルフメーカーとゴルフショップで合計15年間働いた経験を元にゴルフに関するギア(クラブや計測器など)をわかりやすく紹介しています。ベストスコアは69 ショップ勤務時代に、クラフトマンとして修理・カスタマイズ技術を習得。現在もクラブ修理全般こなすクラブマニア。 Twitter、インスタグラム、Youtubeと各種SNSも運営していますので、フォローよろしくお願いします。 プロフィールはこちら
関連記事